ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明日は風呂(ふろ)の日! 体調によって違う効果的な入浴法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日なにげなく入っているお風呂ですが、体の汚れを落とすだけでなく、体を温めて血行を促進する効果があり、健康維持には欠かせません。もちろん血行が促進されるということは、美容効果もバッチリということです。明日は風呂(ふろ)の日ですから、いつもはシャワーで済ませているという方も、しっかりお風呂に入ってみてはいかがでしょう。

お風呂の効果を決める湯温は42℃が分岐点!

ぬるめのお湯が好きな人と、熱いお湯が好きな人がいますが、実はお湯の温度によってお風呂の効果は全く違ってしまいます。人には交感神経と副交感神経があり、両者がうまく働いて体の調整をしています。活動的な時は交感神経が、リラックスするときには副交感神経が優位になり、1日の中でも2つの自律神経が切り替わることで、メリハリのある生活ができるのです。そしてぬるめのお湯に入れば副交感神経が優位になりますが、熱めのお湯に入れば交感神経が優位になります。その湯温の分岐点は42℃。リラックスしたいなら38~40℃程度がいいでしょう。

疲労回復にはぬるめのお風呂がおススメ!

1日の終わりのバスタイムは、日中の疲れを取ってリラックスできる時間でもあります。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのがおススメです。お湯の中で手や足を動かしたりマッサージをすれば、さらに血行促進に効果的です。高血圧の人も血行が促進されることで、血圧を調整する作用が働きます。ゆっくりと時間をかけて入浴することで、神経を鎮めてリラックスモードに入ることができるので、寝つきが悪いという人は、毎日ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

熱いお湯はシャッキリとしたい時!

熱いお湯には交感神経を優位にする働きがあります。交感神経はしっかり活動するための神経。気分をシャッキリさせたい時は42℃以上の熱いお風呂で神経を刺激するのがおススメです。ただし、熱いお湯には末梢神経を収縮させ、血圧を上げる働きがあります。血圧が高めの人や狭心症の症状がある方などは熱いお湯は避けましょう。低血圧の方なら、熱いお湯に短時間入ることで血圧を上げる効果があります。

バスタイムは体を清潔にするとともに、ゆったりとリラックスする時間です。毎日のバスタイムを楽しんで、美と健康を手に入れちゃいましょう。ただし、食事やスポーツの直後、お酒を飲んだ後などの入浴は控えましょうね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP