体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメを食べたら風邪をひかないという言い伝えの「アメッコ市」。ついでに秋田犬もモフモフしてきた

アメを食べたら風邪をひかないという言い伝えの「アメッコ市」。ついでに秋田犬もモフモフしてきた

f:id:Meshi2_IB:20160312153251j:plain

秋田県大館市の祭り「アメッコ市」はワイルドで素朴キャンディ祭り

時は天正16年(西暦1588年)。

ついに天下統一を果たした豊臣秀吉が刀狩令を発布したまさにその年に始まったとされるのが秋田県大館市の祭り「アメッコ市」。皆の衆、ご存知か。

毎年2月の第二土曜日と翌日曜日に行われており、すでに400年以上の歴史を持つ伝統行事である。

この日、白ひげ大神という神さまが山から降りてきてアメを買っていく。

ゆえにこの日にアメを食べると一年間風邪をひかないという古くからの言い伝えがある。

そんな謂われのある、ありがたい祭りである。「風邪封じ」の幟もドカスカとはためいている。

f:id:Meshi2_IB:20160312153252j:plain

アメッコ市の日は決まって吹雪になるという。神さまが足跡を消すために雪を降らせるからである。

取材日は雨になった。白ひげ大神さまはいらっしゃった。

f:id:Meshi2_IB:20160312153253j:plain

アメッコ市は神事でもあり、会場には社も作られる。大通りの両脇に露店の並ぶ縁日的なものではあるが、歴史あるお祭りなのである。

f:id:Meshi2_IB:20160312153254j:plain

巫女さんもたくさんいらっしゃる。

足元の藁沓(わらぐつ)がかわいいので見てほしい。

f:id:Meshi2_IB:20160312153255j:plain

高校生もデートする枝アメ作り体験

会場のあちこちで梅が咲いたようになっているが、これは縁起物の枝アメである。

f:id:Meshi2_IB:20160312153256j:plain

ミズキの枝にアメッコがくくりつけられているのだ。

枝アメ作りを体験できるコーナー(300円)がある。おみやげにうってつけであることは言うまでもないが、地元高校生カップルもここでデートをしていたことは書き残しておきたい事実である。なんかもう初々しすぎてオレの胸がどうにかなりそうであった。

f:id:Meshi2_IB:20160312153257j:plain

この高校生カップルが時おり視線を合わせ頬を赤らめ微笑み合いながら作業しているように、枝のV字の部分にアメッコをワイヤで固定するのだ。

f:id:Meshi2_IB:20160322145410g:plain

とにかくアメをたくさん売ってる“キャンディフェス”

さて、アメッコ市。

お祭りとしてはどのようなものかというと、とにかくアメがたくさん売られる。地元の飴店が昔ながらの素朴なアメやオリジナル新作のアメをたくさん売るのだ。昔、まだ砂糖が貴重なものだったころのアメの価値を想像していただけると、当時はいかに非日常な甘さに満ちたお祭りであったかがわかっていただけることだろう。日本各地にアメのお祭りはわりと多いのだが、昔は砂糖が貴重なものだったからではないだろうか。

もちろん砂糖など珍しくもなくなった現代においても、カラフルで甘ぁいキャンディフェスティバルは普通に楽しいイベントである。

f:id:Meshi2_IB:20160322145509g:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。