ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「血液たっぷり」状態になればがんや認知症予防に効果期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ番組や雑誌でよく特集される「血液サラサラ」理論に疑問を呈する『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)が話題を集めている。その著者で漢方薬剤師の堀江昭佳氏は島根県・出雲大社の表参道で90年続く漢方薬局の薬剤師として、多くの人々の体の悩みと向き合ってきた堀江氏の著書は増版を重ね、4万5000部のベストセラーとなっている。

 堀江氏は同書で人間の体調不良の原因のほとんどが「血流の悪さ」にあり、それを良くして「血流たっぷり」にすれば症状は改善すると説いている。良い血流を取り戻すのには筋肉トレーニングが有効だという。堀江氏が指摘する。

「鍛えるのは表層の筋肉ではなく、インナーマッスルです。肋骨と骨盤の間、内臓の入っている空間の部分を腹腔といいますが、これを囲む4つのインナーマッスルを鍛えると腹 に適正な圧をかけることができ、内臓を正しい位置に収めることができる」

 内臓が所定の位置に収まると胃腸の働きが活発化。血をつくり、増やし、流すというサイクルを取り戻せるという。また睡眠も血流を良くする重要な要素である。

「夜11時までに寝るのが理想です。漢方では、すべてのものに陰と陽があると考え、深夜0時を挟んだ2時間は、体の陰と陽が入れ替わる時間帯で、その時間に眠っていることが重要なのです。陰と陽の入れ替わり後の深夜1~3時が血をつくる時間です。この時間に寝ていないと血がつくれないだけでなく、血の浄化もできないため、あらゆる病気を引き起こす原因となります」(堀江氏)

 現代医学では睡眠のゴールデンタイムは深夜0時を挟んで前後4時間とされるが、遙か昔から漢方ではそのことを指摘していたのだ。

 これらの実践で「つくる、増やす、流す」を実践して手に入れた「長生きする血」──この血はどんな病気や症状に効果があるのだろうか。堀江氏は言う。

「腰痛、ひざ痛、肩こり、頭痛、疲労感、ストレス、不眠など血流不足が原因で引き起こされている症状は良くなるでしょう。血流たっぷりは酸素や栄養を十分に行き渡らせるので薄毛や抜け毛にも効果が期待できます」

 蔡内科皮膚科クリニックの蔡篤俊院長も血流がめぐるようになれば、重篤な病気にも効果が表われるのではないかと指摘する。

「50代半ば以降になると東洋医学で滞った血をいう「お血」が内臓の外にある結合組織に溜まってしまいます。血流の停滞は疾病の原因となります。血流を良くすることで、多くの病気の予防、改善効果が期待できます。

 免疫力も高まるため、各種がんにも効果が出ます。免疫力が上がれば、がんになる前の異常になった細胞を殺すことができるからです。

 脳に運ばれる酸素と栄養が増えれば、認知症予防にも効果がある。さらに、血流がよくなるということは、血管の閉塞、狭窄が起きにくくなるということ。それらが原因で発生する脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立つはずです」

 まさに目からウロコの「血流たっぷり」の新常識。長生きするためにも早速日々の生活を見直したい。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
正月太り解消 生姜摂取や40度の湯船でのマッサージなど有効
むくみ改善にはつま先立ちや貧乏ゆすり、ストッキング着用も有効
視力が0.1から0.8に回復した人もいるスープのレシピを公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP