ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誤字・脱字に敏感な人は「やなヤツ」かも・・・。(米・調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫


メールやSNSの投稿に、友達から変換ミスや誤字脱字を指摘されたこと、ありませんか?

Science alertの記事によると、そういった人は、思った以上に「やなヤツ」なのかもしれません…。

よくミスに気づいて
批判してくる人って?

研究を行ったミシガン大学の言語・心理学者Julia Boland教授によれば

「外交的な人は誤字を見落としがちですが、内向的な人は誤字によく気がつき、ミスをした人に対しネガティブな評価をする」

とのこと。話を聞く人・読む人の性格特性が、言語を解釈する際にどのような影響を与えるか、研究調査によって明らかになったのは初めてだとか。

「ルームメイト募集」の
広告で実験

実験の設定は、ルームメイトを募集する広告を出したばかりの大学生。「一緒に住みたい!」と応募してきた12人からのメールを読んで、ルームメイトにしてもいいか判断してもらうというもの。

83人の被験者に、文章にミスがないものと、「ルームメトロ」「暮秋(正しくは募集)」などの誤字、変換ミスが盛り込まれたメールを読んだ後、それぞれのメールを送ってきた人の「誠実性」「外向・内向性」「協調性」「開放性」「神経質」、5つの要素について判断してもらうと共に、誤字や文法ミスに気がついたか、そしてミスがどれだけ気になったかのアンケートを実施しました。

結果は…

ノーミスのメールを送ってきた人への評価は「いいルームメイトになりそう」「信頼できる」など高い評価で、ミスがあるメールを書いた人への評価は「信頼できない」「周りの友達より頭が悪そう」と、厳しい結果に。

調査では、ルームメイト候補者について行った5つの要素についても同じ内容で自己評価を実施しており、自分のことを「誠実で内向的」と評価した人ほど誤字によく気がつき、「愛想が悪い」と答えた人ほど文法ミスに敏感だったとか。

誤字脱字や変換ミスは誰にでも起こりうるもの。自分自身のミスも減らしつつ、人の間違いを見つけた時も、優しく寛容に接してあげたいものですね。

Reference:Science alert,MICHIGAN NEWS,PLOS ONE

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP