体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【山形旅行】オリエンタルカーペット工場見学&山辺グルメ

【山形旅行】オリエンタルカーペット工場見学&山辺グルメ オリエンタルカーペット株式会社

じゃらん編集者が出かけた旅の中でのお気に入りをピックアップしてご紹介する本企画。

Vol.5は、山形県、山辺町にある世界的な絨毯メーカー「オリエンタルカーペット」さんの工場見学の模様と、山辺ならではのグルメをお届けします。

オリエンタルカーペット株式会社

世界に誇るものづくりの現場を見学

山形県に世界的に有名な手織り絨毯の工場があるのをご存知でしょうか。その名は、「オリエンタルカーペット株式会社」。

繊維と織物の歴史を持つ山形県山辺町で昭和初期に創業。以来、日本人の繊細な美的感覚を最大限に生かした手織り絨毯の製作を続けていらっしゃる老舗の会社です。

伝統的な手技とモダンなセンスが融合された絨毯は、京都迎賓館、銀座の新歌舞伎座、皇居新宮殿など国内各所をはじめ、バチカン宮殿やサウジアラビア王国など名だたる要人が集まる世界的な施設にも納められているそうです。

京都 祇園祭の南観音山に飾られる約300年前の胴掛けの復元作業を行っているのもこちらの会社です。

そんな世界に誇るものづくりの現場を拝見させていただくべく、工場見学へ行ってきました。

オリエンタルカーペット株式会社 手織りで繊細な模様を織っていきます。惚れ惚れするような手つき! オリエンタルカーペット株式会社

「マーセライズ加工」という特殊な加工技術を行う場所。織り上がった製品を薬液に着け、機械で磨くことで風合い豊かに滑らかに仕上げる行程で、国内でこの加工が施せるのはここだけなんだとか。

絨毯を機械で洗ってもダメージにならないのも手織りの強さの表れですね。

オリエンタルカーペット株式会社

なんとも美しいグラデーション。近年は工業デザイナーや建築家とコラボするなど、既存の概念にとらわれないモダンな柄も多く製作されているそうです。

オリエンタルカーペット株式会社オリエンタルカーペット株式会社モネの睡蓮です。これがまさか絨毯だなんて……。近づいて見るまで分かりません

「オリエンタルカーペット」の製品を見て驚くのは、その繊細な表現力。上の写真を見ていただきたいのですが、繊細な色使いとデザインは近づいて見るまで絵画としか思えないほどでした。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。