体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」

【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」

南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼らのプロジェクト「Once Upon A Town」。とある小さな村にたくさんの「ゾウ」が出現し、人々を楽しませている。

風景と見事に同化する
「ゾウ」のストリートアート

【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」

このプロジェクトは、大都市にはない「田舎の魅力」を再定義しようとするもの。風景と見事にシンクロしたゾウのストリートアートは、子どもならずとも思わず笑顔になるはずだ。

【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」
【写真16枚】南アフリカの小さな村に現れた「幸せを運ぶゾウ」

ちなみに彼らは、「なぜゾウなのか?」という問いに対して明確な答えを提示していない。タイやインドでは「幸せの象徴」とされるゾウだが…その意図やいかに。

Licensed material used with permission by FALKO ONE,(Facebook),(Instagram)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。