ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さくらしめじ、2回目となるワンマンライブも大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中学生フォークデュオ・さくらしめじが、4月23日に千葉県文化会館にて、2回目となるワンマンライブ『菌唱-KINSHOW-』を行った。

今回のライブは、さくらしめじ初のフルバンド(ドラム、ギター、ベース、キーボード)編成。1700人の観客が見守る中、バンドメンバーに続いて登場したさくらしめじの2人は、まず『せきがえのかみさま』『いくじなし』と、アップテンポなナンバーを立て続けに歌って会場を温めていく。「左しめじ担当、14歳の田中雅功です」「右しめじ担当、14歳の髙田彪我です」という自己紹介のあと、「今日は僕たちの2回目のワンマンライブに来てくださり、誠にありがとうございます! 最後まで楽しんでいってくださいね!」(雅功)、「ねっ!」(彪我)と挨拶。

リハーサル中に背比べをする2人の映像では、この1年で10cm背が伸びた彪我が、雅功の身長を抜いたことが発覚。母の日に向けてお母さんへの感謝を綴った『ぎふと』からのMCでは、雅功が「家事を手伝うとか、そういう気持ちの面が大切なんじゃないですか?」と真面目に語ると、彪我が「拍手っ!」と客席に呼びかけ、あたたかい笑いが起こった。新曲『またたび』でアコースティックギターのみの演奏で2人のまっすぐな歌声を響かせたかと思えば、彪我の好物・卵かけごはんを歌った『てぃーけーじー』では頭をすっぽりと覆うニワトリの帽子をかぶった彪我が、ステージから客席に降りて卵のおもちゃを配り歩くパフォーマンスを見せた。本編ラストは、春にふさわしい爽やかなナンバー『はじまるきせつ』。天井からぶら下がった大きなバルーンから色とりどりの風船が舞い落ち、その光景はさくらしめじの菌が1人ひとりの心に広がるかのようだった。

アンコールはライブTシャツに着替えて登場!雅功が「こんなに大勢のお客さんの前で僕たちの歌とギターが披露できて、本当にうれしいです」と話すと、彪我も「もう楽しい! これ以上楽しいことは、この世に、もう一生、えーーと……もう言葉にできないくらい楽しいっ!」と喜んだ。フィナーレの『みちくさこうしんきょく』では、「皆さんも一緒に!」と呼びかけ、観客も「ら~らららららら~♪」と大合唱。さくらしめじらしい、ほんわか優しい空気の中で、春のワンマンライブが幕を閉じた。

【セットリスト】

01.せきがえのかみさま

02.かぜいろのめろでぃー

03.いくじなし

04.きみでした

05.ふうせんはなび

06.ぎふと

07.二人のアカボシcover.

08.夏祭りcover.

09.またたび

10.こんこんずし

11.きのうのゆめ

12.まよなかぴくにっく

13.さんきゅう

14.いーでぃーえむ

15.てぃーけーじー

16.はじまるきせつ

(アンコール)

01.だるまさんがころんだ

02.みちくさこうしんきょく









カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP