ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.0版Xperia Z2 / Z3では、Windowsの共有フォルダやsFTPのマウントが可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z2 / Z3 が Android 6.0 へのアップデートで、NAS と sFTP(Secure FTP)で公開された共有フォルダをマウントできるようになりました。Android 6.0 版 Xperia Z2 / Z3 には、設定メニューの「ストレージ」に(リモートシェア」が追加されており、この画面から LAN 内あるいはインターネット上の共有フォルダを端末にマウントできます。実際にリモートシェアをマウントする場合には、「Windows 共有」と「sFTP」から種類を選択します。「Windows 共有」は、Windows PC 上で共有設定を行ったフォルダに Xperia からアクセスできるようにします。SMB や CIFS でのマウントが可能になったということです。NAS の多くは CIFS で共有フォルダを公開しているので、多くの NAS 製品の共有フォルダをマウントできると思います。「sFTP」はファイル転送の FTP のセキュア版です。FTP はパスワードなどが平文で送信されますが、SSH では公開鍵暗号化方式を利用しているので、認証時にパスワードが流れることがなく、FTP よりも安全です。実際に sFTP でマウントを行うと、Xperia の「File Commander」などのファイル管理アプリで内蔵ストレージかのごとくファイルを転送できます。ただ、どちらもネットワークベースの機能なので、ファイル容量によっては転送に時間がかかったり、Wi-Fi とパケット通信の切り替えやサーバ側の稼動状態によって切断することがあります。

■関連記事
1ShopMobileがLG G5(LG-H860)を販売開始した模様
GoogleニュースのAndroidアプリがChromeカスタムタブに対応
OnePlus XのCyanogenMod 13 Nightlyビルドがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP