ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コンコルドの倍速の旅客機」の夢は日本の技術力で実現可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカで発売され、話題となっているクライド・プレストウィッツ氏の書『JAPAN RESTORED(日本復興)』では、「2050年には、自動運転やコンコルドの倍の速度を誇る超音速旅客機の開発が実現する」と予測されている。同氏はかつて日本叩きの急先鋒として知られた人物である。同書にはこんな記述がある。

〈米ワシントンDCから羽田空港まで2時間半で飛行するのは、「三菱808スーパーソニックジェットライナー」。三菱航空機が開発した、仏・コンコルドの倍の速度を誇る超音速旅客機だ。

 空港ではロボットが荷物を運び、ロボットの運転する高速列車で市街地へ。街は電子機器、電子通信機器、ソフトウェアなど、世界をリードする科学技術を持つ企業であふれる〉

 これがプレストウィッツ氏が『日本復興』の中で描いた34年後の東京である。サイエンスライターの川口友万氏は、日本の技術力でこの夢のような社会を「実現できる」と言う。
 
「日本の研究開発は世界をリードしています。2014年の特許出願件数は年間6万件の米国に次ぐ約4万2000件で世界2位。すでに宇宙航空研究開発機構(JAXA)は低騒音の超音速旅客機のプロジェクトを進め、ロボットによる運搬補助や工場の無人化も年々高度化しています」
 
 しかし大学など研究機関や企業では、資金不足や人材不足に悩まされている。世界を圧倒する技術を手にするには、成果が出るまでに時間がかかる研究分野であっても大胆に投資することが必要だろう。
 
 日本発展のカギとなるのが、2013年に米マッキンゼー社が「世界を大きく変える技術」として提唱した「破壊的技術(disruptive technology)」だ。12種類の破壊的技術のうち、日本企業は「進化したロボット技術」「自動運転車」「次世代ゲノム」「エネルギー貯蔵」「3Dプリンティング」「ナノテクノロジーを含む新素材」「石油・ガスの探求・回復技術」「再生エネルギー」で世界を席巻するとプレストウィッツ氏は予測する。

 中でも注目は「自動運転車」。2050年には日本に車を運転する人間がいなくなり、全乗用車がスマートカーになり、車に乗って行き先を告げるだけで最も早いルートで自動的に走行するようになるという。 特筆すべきはその安全性だ。同氏はこう予言する。

〈これらのイノベーションのおかげで、交通事故や交通事故による怪我や死亡はほぼ姿を消す〉

「グーグルやアップルが目立つ自動運転車ですが、実は日本のメーカーと国が長年取り組んでいる分野。日本の技術は高齢化社会を見据えた高度な安全性を持つシステムとして構想され、技術的には実用化レベルにある」(川口氏)
 
 実際、トヨタは2020年には高速道路をほぼ自動で走行する車を販売する計画だ。

 ただし「自動運転車の普及で死者数が10分の1に減ったとしても、自動運転車がたった1件でも事故を起こせば、大騒ぎになる可能性もある」(川口氏)。ホンダの人型ロボット・ASIMOに見られる制御技術など、日本のロボットや自動化に関する技術力は世界でも定評がある。さらに、2050年までに技術面だけにとどまらず「人の意識」をどう変えていくかも課題であろう。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
自動運転、ドローン、ロボット 日本の新技術が「買い」
【キャラビズム】全自動運転、事故が起きた時は誰を告訴?
【キャラビズム】今は自動運転車、将来は自動運転飛行機も?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP