ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルーヴルの漫画展でミューズに就任 女神のような菜々緒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ルーヴル美術館の特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」の記者発表会が4月19日、東京・品川プリンスホテル クラブexで行われ、オフィシャルサポーターを務める菜々緒(27才)、ルーヴル美術館の文化制作局のファブリス・ドゥアール氏、駐日フランス大使のティエリー・ダナ氏らが登壇した。

 フランスでは「第9の芸術」として愛されている「バンド・デシネ」と呼ばれるマンガ文化を通じて、ルーヴル美術館の魅力を伝えようというこの特別展示。フランスのバンド・デシネ作家はもちろんのこと、荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリの日本人漫画家も作品を提供する。

 この特別展のオフィシャルサポーター(ミューズ)に就任した菜々緒は純白のドレスで登場。『ワンピース』や『セーラームーン』に影響を受けたと話し、特別展に参加する荒木飛呂彦の『ジョジョ』シリーズについても大好きだと語った。

 ルーヴル美術館の特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」は7月22日から9月25日まで、東京・森アーツセンターギャラリーで開催される。

撮影■小彼英一

【関連記事】
ピカソの絵は何故高い?その疑問に多角的に迫る芸術論の本
「絵にお金以上の価値与えたフランス人は宣伝上手」と作家談
井上真央 『花燃ゆ』特別展でノースリーブ姿でドラマ見所語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP