ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

郷土料理 「食の伝言ゲーム」が成立している事例を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 郷土料理には、かつての文化交流の名残がある。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏はそれを「食の伝言ゲーム」と呼ぶ。

 * * *
「さつま」と言っても鹿児島の話ではない。「ひゅうが」と言っても宮崎の日向地域の話でもない。どちらも、愛媛の食べ物の話だ。まずそれぞれどんなものかを説明しておこう。約100年前の各都道府県の食習慣を記した『聞き書 愛媛の食』(農文協)にも複数の記述がある。

 最初に「さつま(汁)」から。「新鮮な焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁を、麦飯にぶっかけた南伊予一般の手軽な食事」(『聞き書 愛媛の食』(農文協))とあり、愛媛県で広く食べられていたことが伺える。先日、都内で行われた愛媛県西予市の食を紹介するイベントでも供されていた。現在、宮崎名物として知られる「冷や汁」にも似た料理だ。

 もっとも実は冷や汁自体は九州の各県にも似たようなメニューがある。とりわけ鹿児島県、つまり「さつま」には、離島を除くほぼ全域で冷や汁様の料理があったという記述がある。

 いっぽう「ひゅうが(飯)」は「新鮮な刺身を醤油にひたし、卵や薬味ととり合わせて飯にかけて食べる」とある。現在は単品で提供する飲食店もあるが、元はこちらもぶっかけめし。また、地域によっては卵ではなく「熱いお茶をかけ、ふたをする。5~6分すると刺身が半分煮えて白くなる。これを食べる」という現在の鯛茶漬けにも似た、刺身茶漬けのようなレシピもある。

 そして実はこの料理は、豊後水道をはさんだ九州・大分にもある。しかし「さつま」「ひゅうが」ともその呼称が確認できるのは九州では大分のみ(「ひゅうが」と似た料理を「りゅうきゅう」と呼ぶ地域もある)。なぜ大分のみに、九州の他地域の名前をそのままつけた料理が伝承されているのか。

 現在、全国を8つにわけた地方区分は明治の廃藩置県以降の区分が土台になっている。だが歴史上では瀬戸内、特に西部はひとつの海洋文化圏だったと言われている。実際、瀬戸内海は日本列島にとって重要な海路であり、大分は瀬戸内海を通じて、河内や摂津といった畿内への交通網における要衝でもあった。

 例えば「さつま」に話を戻すと、四国では似た料理が平野部でも「さぬきさつま」(香川県)、「冷や汁」「ぼっかけ」(ともに高知県)などの名で親しまれていたというし、瀬戸内を挟んだ山口でも「さつま」、広島で「さつま汁」、岡山でも「さつま味噌」と呼ばれる地域もあった。

 いっぽう、九州における大分の位置づけは、少々複雑だ。苗字も九州の他県では比較的少ない「佐藤」「後藤」などが多く、言語圏としても関西や四国の言葉の影響が強いと言われる。実際、大分県出身者も「言葉のイントネーションや名前は、九州の他県とは違うとよく言われるし、『大分は九州じゃない』と揶揄されることも。まあ、こっちも冗談交じりに『陸の孤島、宮崎が何を言う』とやり返すんですけどね(笑)」(41歳・男性)という。

 北は福岡県との間に「九州の屋根」「九州アルプス」とも言われる、くじゅう連山があり、南は宮崎県、熊本県との県境に「秘境」とまで言われる祖母連山がある。遥か彼方からやってきた出自不明な食に、「薩摩」「日向」「琉球」といったイメージを投影する。いつしか呼称も含めて定着したその料理が、近隣には”正しく”伝播していく。

 例えば、長崎のトルコライス、大衆中華料理店で見かける天津丼、もちろんナポリタンも。本国にはない。愛媛の「さつま」「ひゅうが」にはまだ日本の交通網が海路頼りだった頃の大分と九州他県、そして愛媛などの瀬戸内文化と大分との距離感が見て取れる。

【関連記事】
「中村百笑」「勢理客」「馬蛤潟」「保栄茂」はどう読むか?
刺身を漬けるだけで大分の名物料理ができる「あつめしたれ」
胃がん患者が日本海側に多い理由 「伝統的な食生活」と関係か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP