体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れのイギリス映画の舞台へ!ロンドンへわざわざ行きたい映画のモデル地まとめ

憧れのイギリス映画の舞台へ!ロンドンへわざわざ行きたい映画のモデル地まとめ

お気に入りの映画のあるシーンが目に焼き付いていて、忘れられない。

そんな体験はありませんか?

映画が実際に撮影された場所に行くと、そのシーンが蘇り、映画への愛がより一層深まるものです。

今回は、イギリスに行く方にぜひ立ち寄ってほしい、大ヒットイギリス映画の舞台をご紹介します!

 

ハリーポッターと賢者の石

イギリスのファンタジー小説でおなじみのハリーポッター。

ハリーのような学生生活を送りたかった、ハリーの真似がしたい!1度は夢見たこともある方も多いのではないでしょうか。

キングクロス駅

魔法界の入り口9と3/4番線、まるで自分がカートを押して、通り抜けているかのような写真を撮ることができます。

鉄道キングスクロス駅西コンコース内。写真撮影には並ぶための列があるそう。

また、近くにハリーポッターの土産を買うことができるコーナーがあります。

ハリーになりきって撮影をした後、思う存分ハリーポッターの世界を楽しむことができます。shutterstock_210792889

Photo by Shutterstock

アクセス:地下鉄キングスクロス・セントパンクラス(King’s Cross St.Pancras ビクトリア線/ノーザン線/ピカデリー線/メトロポリタン線/サークル線/ハーマースミス&シティ-線)駅下車、徒歩0分。

クライストチャーチ

オックスフォード大学内にあるクライストチャーチは、映画でたくさんの食べ物が並ぶ食堂のシーンを撮影したホールがあります。

食事が魔法のようには出て来ませんが、あの大広間のシーンを思い浮かべながら、机に座ってみるのも楽しいかもしれません。

shutterstock_302465570-e1455391228995

Photo by Shutterstock

まだまだ、ハリーポッターの世界を楽しみたい!

という方は「The Making of Harry Potter」に行くことをオススメします!

映画のセットで実際に使われた衣装や、現場を再現したコーナーがたくさんあります。

この施設は当日券というものが存在せず、事前に予約しないと入ることができないので、日本いる間にチケットを取ってしまうことをオススメします。

7319436126_6bb54402c1_z-2

photo by  Dave Catchpole

7349078948_2ed4bbcea3_z-1

photo by Karen Roe

 

ノッティングヒルの恋人

有名な女優のアナ・スコットと、旅行書を扱う本屋で働くごく普通のウィリアム・タッカーの出会いを描いた物語です。

2人は価値観の違いに戸惑い、有名人が周りの影響に邪魔されながらも、愛を育んでいくという物語。

ロズミード・ガーデン(Rosmead Gardens)

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。