ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

謎に包まれた国「北朝鮮」そこには不思議な魅力と歴史が詰まっていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近場でいける海外旅行先として有名なのが「韓国」。2泊3日で行ける旅行パックが多いことから、週末に韓国に行く方も多いですよね。

韓国に行ったら、もちろん伝統的なお城やグルメ、また韓国式エステなどを堪能したいですよね。

しかし、今回は「南韓国と北朝鮮の国境ツアー」という、ちょっと変わったツアーを紹介します。

 

非武装地帯(DMZ)

Photo by Shutterstock

Photo by Shutterstock

非武装地帯は1953年7月27日韓国戦争の休戦協定の締結とともに作られた区域です。

総面積6,400万坪の広大な地域であらゆる軍事行為や、敵対行為を一切中止する暖衝地域です。

特に休戦以来50年間、人が立ち入っていないため、動植物がそのままの状態で繁殖していて、自然生態系の宝庫として世界的に知られています。

 

臨津閣(自由の橋)

1953年7月27日に休戦協定が締結されたあと、12万7333人の捕虜がこの橋を渡り、完全に自由の身になったことから自由の橋と呼ばれています。

現在、自由の橋には国の統一を願う旗がたくさん掲げられています。

この自由の橋の近くには、臨津江という川が流れており、雨が降り、川が氾濫すると人や牛の死体が流れて来るそうです。

本当の意味での「自由」が来る日がは早く来て欲しいものです。

 

第三トンネル

ソウルから1時間くらいの距離、約44kmにある第三トンネルは1978年10月に発見されました。

トンネルの構造は長さ1,635m、高さ1.95m、幅2.1mで南方限界線の435mまで達しています。

1時間に1個師団の武装した北朝鮮兵力を侵入させることができるようにつくられています。

北朝鮮と南朝鮮の隣とも言える地域で発見された第三トンネルは、北朝鮮の南への侵略を実感できる場所です。

 

都羅展望台

Photo by Shutterstock

ここは、北朝鮮の風景、非武装地帯、開城が一望できる展望台です。

北朝鮮の家や建物が、遠くにではありますが、実際に見ることができます。晴れている日には、人が歩いているのが見えるときもあるそうです。

北朝鮮は世界各国から煙たがれる存在ではあるもの、空も山も川も日本と同じ色をしているのを間近に見ると、感慨深いですね。

 

都羅山駅

Photo by Shutterstock

民統線の北方にある京義線の南の最北端駅です。

2002年2月20日、米国の大統領が訪れて以来、世界的に注目を浴びているところです。この駅だけが北朝鮮につながっている唯一の駅でしたが、運行はしていません。

いつか、南朝鮮を北朝鮮へとつなぐ電車が走ることはあるのでしょうか

 

まとめ

Photo by Shutterstock

いかがでしたか。ソウルやプサンなどの現代の韓国を楽しむのもよいですが、韓国の歴史を感じる旅にでるのも良いものです。

写真の像は、南朝鮮と北朝鮮が、一つの国になること願って作られたそうです。いつか現実になることを願って…

関連記事リンク(外部サイト)

【数奇な運命をたどる】フランスの要塞フォール・ボワヤール
【平家の栄華を伝える世界遺産】海に浮かぶ赤い鳥居が美しい厳島神社の魅力
函館の観光スポット10選!北海道新幹線が開業してますます盛り上がる
歴史を学べば旅がもっと面白くなる!その理由は

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP