ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYに“地上200mのキャンプ場”がオープン!?ある高層ビルに驚きの声続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高層ビルが立ち並ぶマンハッタンに、1年中利用可能な“世界一高いキャンプ場”がオープンするかも!?

ミラノの建築デザイン会社「FLT-OFFICE」が、「2016 Skyscraper Competition(高層ビルコンペティション)」向けに発表したコンセプト「Camping in the sky(キャンピング・イン・ザ・スカイ)」が斬新すぎると話題になっています。

「キャンピング・イン・ザ・スカイ」はその名の通り、高層ビルのなかにキャンプ場や展望台を作り、都会に住む人々に自然やリラクゼーションをもたらすユニークな施設。

これぞ究極のグランピング!?

地上200mの屋上からは、マンハッタンの高層ビル群が見渡せるのですが、それぞれの階には木や植物が植えられていることから、ワンフロアがまるで小さな森のようになっています。

自然溢れるこの場所で、人々はテントを張りキャンプを楽しむことができます。

また、アーバンライフに慣れているNYの住人たちが快適に過ごせるよう、各フロアに冷暖房や飲食スペース、トイレ、コインランドリーを完備。

建物全体をラッピング

夏の間はオープンエア、冬はビル全体をヨットの帆のようなカバーで覆い、暑さや寒さ対策も万全です。

おまけに屋上ではちょっとした野外フェスもできるというから、音楽ファンにとっては天国みたいな場所ですね。

このビルが実際に建てられるかどうかは不明ですが、夢の広がるアイデアであることは間違いなさそうです。

FLT-OFFICE
http://www.flt-office.com/

建築(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP