ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

撮影して即プリント!スマホ連携の現代インスタントカメラ「Ⅰ−1」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホやデジカメに圧倒され、手に取ったり目にしたりする機会がめっきり少なくなってしまったインスタントカメラ。

しかし、撮影したその場でプリント写真を渡されると嬉しいものだし、画像も独特の味わいがある。

そう思う人に耳寄り情報。ポラロイド用のインスタントフィルムを製造している「Impossible Project」から、新ポラロイドカメラ「Ⅰ−1」が5月10日に発売される。

・LEDリングフラッシュは自動調光

ポラロイドカメラというと、フィルムのカートリッジをセットし、撮影すると、写真紙がゆっくり排出される。そして画像が浮かび上がるのを待つ…というのがお決まり。

Ⅰ−1もそうした撮影プロセスを踏襲しているが、それだけではないのがポイントだ。

まず、よりはっきりと被写体を捉えられるように、レンズの周りにLEDリングフラッシュが付いている。

どことなくレトロなデザインだが、ライトは被写体までの距離などから自動調光されるというスマートさだ。

・スマホでマニュアル設定も

また、、スマホとBluetoothで連携するようにもなっている。専用アプリ(iOS、Android)からシャッタースピードや露出などを設定でき、リモート撮影にも対応する。

加えて、UBSで充電できるというのもこれまでにない点だ。

まさに古き良き特性と、現代のテクノロジーを併せ持つポラロイドと言えそう。5月10日に正式発売され、価格は300ドル(約3万3000円)の見込み。

Impossible Project

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP