ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レオ様、新作映画は「映画史に永遠に残る芸術作品」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。今回のオンエアでは、現在公開中で、今年のアカデミー賞では監督賞、主演男優賞を受賞した話題作「レヴェナント:蘇えりし者」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ主演)を特集しました。

同作は、仲間の裏切りに遭い、息子を殺されたハンターが復讐を誓う壮絶なサバイバルロードムービー。先月、都内某所で行われたレオナルド・ディカプリオさんの来日記者会見では、自ら作品に対する思いを語りました。

まずは「日本に戻って来られて本当に嬉しく思っています。たぶん来日は15回目くらいかと思いますが、いつも戻って来ると嬉しい」(レオナルド・ディカプリオさん、以下同)と挨拶。

今回の作品は「自分にとってはもちろん、参加したすべての人にとってとても特別な作品」と話し、「監督はいろんなテクニックでこの作品を作りあげたのですが、どうやって彼がこれだけのものを作り上げたのか、今でも理解しがたいです」との言葉から、いかにこの映画のスケールが壮大であるか、そして監督の凄さが伝わってきました。

極寒のカナダで1年近くに渡り、過酷なロケを敢行した本作。「これからの映画史に永遠に残る芸術作品になったと思います」と映画への自信とともに、主演男優賞受賞については「このような名誉をもらったことを非常に嬉しく思っています。このような作品に二度と関われないかもしれませんが、それだけ私にとって重要な人生における第1章でした」と語りました。

ほぼマイナスというロケ地の過酷さに加え、危険なスタントにも自ら挑むことで、ついに悲願のオスカーを受賞したレオナルド・ディカプリオさんについて、「やっとだよね。世界中がレオ様の受賞を願っていて…ついに!」と自分のことのように嬉しそうなハリー。

さらに、レオ様愛がとまらないハリーは、これを機会に過去のレオナルド・ディカプリオさん出演作品も見返してもらいたいようで、「ロミオとジュリエットの金魚鉢のロマンチックなシーン!」と、細かすぎるシーン指定まで(笑)。

「レヴェナント:蘇えりし者」については、4月25日(月)の「ACCOUSTIC COUNTY」(14時〜16時30分)内で、今度は、坂本龍一さんがその映画音楽を語ってくれる予定です!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP