ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

弦の代わりにボタン!素人でも演奏できる「MIギター」が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽器が弾けたらいいな、と思ったことのある人は多いのではないだろうか。しかし、どの楽器も一通り弾けるようになるには、それなりに練習しなければならない。

今更レッスン通いは億劫だし、根気も続かなさそう。そう思っている人に、このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「MIギター」を紹介したい。

弦の代わりにボタンを押して演奏するというもの。難しいコードを覚える必要がなく、アプリを使ってものの数分で曲をマスターできるのだという。

・指の痛みから解放

MIギターは遠目で見ると通常のギターのような形状だが、よく見ると弦がない。弦が張られるネック部分の指板はボタンになっている。

弦楽器はギターに限らず、弦のどこを指で押さえるかによって音が変わり、同時に複数の弦を押さえるコードを覚えるのは厄介だ。

そこへ来ると、MIギターはボタンを押さえるだけなので、経験を積まなくても大丈夫。また、弦を押さえるときの指の痛みからも解放される。

・作曲やライブ演奏にも!

曲を弾けるようになるには、専用アプリ(iOS、Android)を使う。演奏したい曲を選ぶと、歌詞とともにボタンの番号が表示されるので、ユーザーはその番号通りに押してかき鳴らせばいい。

ちなみに、アプリには何千ものポピュラーな曲が用意されているとのこと。

加えて、このギターではヘッドフォンやマイクを使いながら作曲することも可能だ。ギターアンプやMIDI(楽器接続規格)にも対応しているので、ステージで使うこともできる。

・米国外発送を“予約”できる

気になるお値段はというと、現在、299ドル(約3万3000円)から。

発送は米国内限定となっているが、49ドル(5400円)の出資で米国外への発送を予約できる。国際発送の準備が整い次第、残りの金額(250ドル)+税金を払うという仕組み。

出資は5月21日まで受け付けるので、練習なしでギターを弾きたい!という人はサイトを一度のぞいてほしい。

MIギター/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP