ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外道クライマー「僕が沢登りに異常なこだわりをもつ理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2012年、世界遺産・那智の滝を登り、軽犯罪法違反で逮捕、およそ3時間後に釈放された宮城公博さん。事件により仕事を失い、空いた時間で、国内外の沢を目指すことに。宮城さんは自称“沢ヤ”。沢ヤとは「沢登りに異常なこだわりをもった偏屈な社会不適合者」で、初挑戦にこだわり、数々の初登攀記録を打ち立ててきた。

 著書『外道クライマー』(集英社インターナショナル)では、人跡未踏の地への飽くなき探検を、時にバカバカしく、時に情けなく綴っている。高いクライミング技術と経験を持ちながら、シリアスな探検家から程遠い脱力系・お笑いキャラ。しかし、折に触れて顔をのぞかせる反骨精神。現代の絶滅危惧種・沢ヤの素顔に迫る。

 * * *
――登山、あるいはクライマーの世界にはいろんなジャンルがありますが、宮城さんはその中でも、“沢ヤ”なのですね。なぜ沢にこだわるのですか?

宮城:沢登りのゴルジュ突破が、僕の肌に合ったんです。20代後半くらいまでは、ヒマラヤの存在が自分の中で大きくて、巨壁を登りたい、初登攀したいという思いが強かった。そういう挑戦を通して、自分のクライミングというものが固まってきたときに、「ゴルジュ」に出会ったんです。ゴルジュというのは、両岸が立ち上がり挟まった水路のことで、フランス語で「喉」の意味。廊下とも言います。高い壁に囲まれた、水の流れる、谷底のくらーいところ。そこを、泳いだり、肩車したり、壁にはいつくばったりしながら突破する。これが楽しかった。

 一概には言えませんが、ヒマラヤの世界ってシリアスなんです。世界一の山の頂を目指す、その風景を思い描くだけで、神々しい。一方でゴルジュの世界には、どこかバカバカしさが漂っているんです。なんでこの狭い、じめじめしたところを、そこまでして行こうとするの? っていうシュールさもいい。加えて探検的な深みや、誰も見たことないところに行く面白さもあって、はまりました。もちろん、雪山や氷壁も今もやりますけど。

――人跡未踏を求める宮城さんは、2012年、那智の滝に入って、逮捕されます。あの事件をどう捉えていらっしゃいますか?

宮城:世間に注目されようとか、神を冒涜しようとかいう意図は全くなかったんです。誰も登ったことのない、日本一の滝を登りたい、という欲だけだった。結果的に色んな方にご迷惑をおかけしたことは非常に反省していますし、僕自身7年間務めた仕事を失って、社会的制裁を受けました。それ以降は、単発労働をしながら、沢登り中心の生活を送っています。本に書いた「タイのジャングル46日間の沢登り」も、結果的にあの事件でヒマになったから行けた。そういう意味で、反省はしているけど、沢ヤとして、後悔はしていません。

――「タイのジャングル46日間の沢登り」では、人跡未踏かもしれない大渓谷を探検しています。激流に溺れかけたり、飢えに耐えたりする過酷な生活の中で、スマホゲームや中学生男子のような会話に興じていらっしゃいますね。

宮城:ギャップに萌えていただけると嬉しいです(笑)。

――そうしたギャップは、宮城さんの個性でしょうか? それとも戦略ですか?

宮城:うーん、沢登りに限らず、極地探検でも、四六時中シリアスな状態って考えられないんですよ。一歩間違えれば死ぬようなギリギリの時間もあるんですが、そこを超えると、誰でも普通に歩けるような場所に出たりする。46日間やってれば、1日3時間しか移動しない日だってあるわけです。そうしたありのままの探検を、僕は見せたいんですよね。こんなに愚かしいんですよ、そして楽しいんですよっていうのを伝えたいなと。

――楽しさを伝えて、もっと多くの人に沢登りをやってもらいたい?

宮城:いや、誰もやらないでしょう(笑)。一つ言えるのは、僕らのやっていることって、伝統的な登山からすると「王道」なんです。最近は山ガールやボルダリングが流行って、登山のすそ野が広がっていますよね。どちらかというとライトな方向に。それはいいことだと思うし、そういう時流にのって登山に興味を持った人に、僕らの世界のことも知ってもらいたいんですよ。沢ヤは、野蛮で原始的で、いまや「外道」なんて言われていますが、登山の世界というのは、本来自由で、何でもあり。それを、僕が肩肘張らない程度にお知らせできたらうれしいなと。

――「外道」クライマーの名付け親は、タイ探検の相棒で、山岳写真家の高柳傑さんです。相棒とはいえ、高柳さんは「一挙手一投足が不快」な存在になったんですよね……。

宮城:タイでは途中から、オレ、自然よりも、高柳に苦しめられているぞと。探検ってふつう、巨大な自然を前に、人間はちっぽけな無力な存在だと気づかされるものなのですが、やっぱり人間もこえーなと、高柳を前に思い知らされました。人間も探検です。

――沢ヤは、個性的な人が多いんですね。

宮城:彼は虚栄心が強い天然なんです。初めて会った時、アイスクライミングをしたんです。僕が先に氷を登って降りてきて、次に、高柳が僕やってみますと。そしたらあいつ、落ちたんですよ。地面すれすれまで落ちた。死んだんじゃないの? っていうくらいの大きな音がして、焦って近づいたら、口が血だらけになっている。おい、大丈夫かって。そんなときに高柳は「軽いミスしちゃいましたわ」という、ほとんど何事もなかったようなテイ……。そうとう痛いだろうし、血がダラッダラなのに。すごいやつだなぁと思いました。

 いまは、沢登りもそうですけど、伝統的なクライミングをする若い人って減っています。経済的な理由もあるだろうし、若い人ほど、さきほども話したように、ライトな方向にいく。高柳みたいな泥臭いやつは今時珍しいという意味でも、探検であり、可愛い後輩です。

――宮城さんは、探検に伴う危険をどのように考えていらっしゃいますか? 本の中でも何度か「死」を意識していらっしゃいます。

宮城:誰でもできることをやっても自慢できませんからね。仲間か自分が死ぬかもしれないという覚悟は持っています。といっても、常に強く意識しているというわけではなくて、死ぬ可能性のある遊びを自分はやっている、と自覚している程度かな。僕らには技術やノウハウや経験がありますから、それらを駆使して何とかして危険を避けつつ、目標をクリアするのがこの遊びの醍醐味なんです。死と隣り合わせなんてところまで行くことはほとんどない。そのはるか手前で引くので。

――沢登りや探検は宮城さんにとって、「遊び」なんですね。

宮城:「遊び」とか「ゲーム」と言うと、印象は軽くなるんでしょうが……、表現としては正しいと思います。「生きがい」や「ライフスタイル」でもいいんですけど、カッコつけた言い方はちょっともやもやするのと(笑)、僕の場合、自然とは何らかの形で関わっていくとは思うのですが、もっと面白いものが見つかったら、それはそれでいいと考えているので。

――遊びとはいえ、人類初挑戦に意義を見出す宮城さん。人類的探検に挑まない登山家が、メディアにもてはやされる現状には疑問を呈しています。

宮城:例えば今の時代、ヒマラヤには、お金を出せばほとんど誰でも登れるんです。初登頂は60年前ですよ。もちろん個人の登山としては、そうした歴史とは関係なく、ヒマラヤに立つことに大きな価値はあるでしょう。でも、パイオニアワークとしての価値はない。それなのに、こうした探検的価値のない登山家を、登山家の代表のように、メディアは取り上げている。これは登山家本人ではなく、メディア、そして応援する側の問題です。その人が好きで応援するのはいいと思います、個人の自由だし好みだから。でも、登山の内容はどうなのか、そこも少しは勉強して知ろうよと言いたい。

 メディアで人気の商業登山家より、技術的に高度で、クリエイティブなことをやっている登山家はたくさんいるんです。僕らもそう。沢ヤもいい登山してるのになって。そういう嫉妬も大きいんですね(笑)。

■宮城公博(みやぎ・きみひろ)
1983年愛知県春日井市生まれ。ライター、登山ガイド、NPO富士山測候所職員。ヒマラヤ、カラコルムでのアルパインクライミングから南国のジャングルでの沢登りにいたるまで初挑戦にこだわり続け、国内外で数々の初登攀記録をもつ。2009年、ヒマラヤ・キャジョリ峰北西壁への単独初挑戦。12年、那智の滝での逮捕によって7年間勤めた福祉施設を辞める。13年、立山称名滝冬期初登攀、台湾チャーカンシー初遡行、カラコルムK6西峰北西壁挑戦。14年、立山ハンノキ滝冬期初登攀、タイ46日間のジャングル初遡行など。

【関連記事】
往年の「○○探検隊モノ」を彷彿とさせる抱腹絶倒な冒険の書
山にハマる芸能人続々 押切もえは「生きてるって強く実感」
ブームの富士登山 本当にキツイのは登りではなく下り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。