ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血の好循環「つくる、増やす、流す」食事メニューを紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ番組や雑誌でしばしば特集される「血液サラサラ」理論に疑問を呈する『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)が話題だ。その著者で漢方薬剤師の堀江昭佳氏は島根県・出雲大社の表参道で90年続く漢方薬局の薬剤師として、多くの人々の体の悩みと向き合ってきた堀江氏の著書は増版を重ね、4万5000部のベストセラーとなっている。

 堀江氏は同書で人間の体調不良の原因のほとんどが「血流の悪さ」にあり、それを良くして「血流たっぷり」にすれば症状は改善すると説いている。

 イライラしたり、落ち込んだりとマイナスの感情が芽生えるのも、血流が悪くなって脳に血が行き渡らないことが原因だという。血流を良くすると、ひとつの症状が改善されるだけでなく、同時に他の症状も一緒に良くなることもあるという。堀江氏がこう話す。

「以前、70代の女性が耳が聞こえにくい、めまいがするということで相談に来た際、耳鳴りやめまいの漢方を処方したが効かなかった。

 ある日、疲れが取れないと言ってきたので、その日はたんぱく質の栄養剤をお渡ししたんです。すると、疲れが取れたのはもちろんですが、しばらくして“耳が聞こえるようになった”と言うんです。彼女は老化で耳が聞こえなくなっていたわけではなく、栄養バランスの悪い食生活を送っていたため、十分な血流が行き渡っていないことが難聴の原因だったのです」

 また堀江氏によれば、血をたっぷりにすることなく、「血液サラサラ」健康法だけを実行すると、逆に体調を崩すこともあるという。

「足りていないスカスカの血流を無理やり全身にめぐらせることになり、ふらふらとめまいがしたり、気分が悪くなったり、いわば強制的に立ちくらみの状態を作りだしているようなものなのです」

 血流が悪いのは「血がつくれない」→「血が増やせない」→「血が流せない」の順序で起きている。つまり血流を良くするためには「つくる、増やす、流す」ができる体質作りが重要となるのだ。

 では、「つくる、増やす、流す」の血の好循環を実践するには、どんな日常生活を送ればいいのか。まずは食事からみていこう。

「血液というと鉄分ばかりが注目されがちですが、水を除くとほとんどはたんぱく質でできています。しかし、近年、日本人の食生活は急速に悪化し、血の原料となるたんぱく質の摂取量が著しく低下しているのが実情です。たんぱく質を摂れる食事を心掛けましょう」(堀江氏)

 管理栄養士の内野未来氏に、この条件を満たす食事について話を聞いた。

「たんぱく質はもちろん、血液の成分となる鉄分や、その形成を助けるビタミンCを一緒に摂取することが重要です。たんぱく質と鉄分が豊富な牛肉の赤身やカツオなどの魚類、アサリなどの貝類といった食材が良いでしょう。

 抹消血管まで血流が届くよう血管を広げる効果のあるビタミンE、血行を促進して体温を上げるカプサイシンを使った料理ならば、さらに効果が期待できますね」

 具体的なメニューとしては牛の赤身肉を使った「牛肉とグリーンアスパラの唐辛子炒め」や「カツオのカルパッチョ・にんにくソース和え」、鉄分の形成を助けるジャガイモを加えた「あさりのクラムチャウダー」などがオススメだと内野氏はいう。

 最近の“ヘルシー志向”で野菜中心の食生活を送っている人からすれば、「健康」というイメージからはほど遠く感じるメニューだが、血をつくり、増やすには「肉食」を取り入れることが近道のようだ。

※週刊ポスト2016年4月29日号
血の好循環を生む食事メニューとは
【関連記事】
胸を大きくする効果ある食材はキャベツ、鶏肉、チーズと医師
良い筋肉作るにはまず水飲むべき 豆腐、レモン、鮭も効果的
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。