ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドミニク・ブシェ氏が試飲した日本ワイン10銘柄の評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パリ8区の自身の店でも、日本ワインを扱っているフレンチの巨匠ドミニク・ブシェ氏が、今注目の日本ワイン10本を試飲した。同氏は「フランス人が造るワインに近づける必要はなく、日本人の個性を守るほうがいい。品質に磨きをかけた、日本人目線の優れたワインを今後も期待しています」と語るほど、日本のワインを評価する。ブシェ氏が試飲したその銘柄と、講評を紹介しよう。

●『シャトー・タケダ 2008(赤)』1万260円(タケダワイナリー)
 
 自社農園のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローを使い、ぶどうの出来が良い年のみ造られる。フレンチオーク樽で1年間熟成させており「樽の熟成香が際立っている。それでいてバラの花のような香りも感じられる」(ブシェ氏、以下「」内同)

●『ドメイヌソガ サンシミ ルミリアシオン ムラサキ第三農場』4320円(小布施ワイナリー)

「ボンボン(飴)やフルーツのような甘い香り。タンニンもなめらかでとても飲みやすく、食前酒向き。魚料理や生ハムに合わせてもいい。フランスのワインのようなベリーを思わせる飲み口。仏ワインと肩を並べる」

●『登美の丘ワイナリー 登美(赤) 2009年』1万2982円(サントリー)

「仏ブルゴーニュ地方のガメイ種が育つ地域のワインのような香りや色があり、ボジョレー地方の印象も兼ね備えている」。ワイナリーは山梨・甲斐市の比較的涼しい地域にあり、同地は良質なぶどうが採れる地域として評価される。

●『プライベートリザーブ キュヴェ・アカリ 2011』8165円(城戸ワイナリー)
 
 日本で最高のメルローが育つとされる標高700メートルの長野・桔梗ヶ原に畑がある。「やさしい味わい。ドライなので、ソースのある肉料理と合わせたい。特にジビエがお勧め。飲む数時間前に抜栓するのがいいでしょう」

●『ラ プルミエール フォア メルロ 2012』5076円(ファンキーシャトー)
 
 樽熟成をかけたビターなテイストを持ち味とする。「タンニンの密度が強いので、ソースのある肉料理などと相性が良いと思います。赤身の肉にはとても合いそうですね。カシスなどの黒いフルーツや花の香りを感じます」

●『レイトボトルド デラウェア 2014』1927円(島之内フジマル醸造所)
 
 甘みの強い食用ぶどうデラウェアを使用した日常飲み用のワイン。「ぶどうジュースを思わせる飲みやすさ。アプリコットや桃などのアロマがある。糖度が高いので食前酒として愉しむか、塩味のきいたカナッペなどに合いそう」

●『ナナツモリ ピノノワール 2013』3996円(ドメーヌタカヒコ)
 
 生産者の曽我貴彦氏は、濃くてインパクトのあるワインよりも、じわじわと口の中に広がっていく“和食のだしのような旨み”を追求している。「とても淡い。ブルゴーニュのピノ・ノワールとは異なる、独自のニュアンス」

●『ミエ・イケノ 月香 シャルドネ 2014』5940円(ドメーヌミエ・イケノ)
 
 仏・モンペリエ大学でワイン醸造の国家資格を取得した女性醸造家が造る。「飲み始めは、はちみつやりんごなどのニュアンスを感じるが、時間がたつとグリルしたパンの香りに変化していく。ワインを飲む、純粋な愉しみがある」

●『菊鹿シャルドネ 樽熟成 2013』3600円(熊本ワイン)

 熊本・山鹿市の菊鹿町の畑のぶどうを使用。複数の農家が高度の違う畑でそれぞれ個性あるシャルドネを生産しており、それをブレンドしている。「レモンのような味で爽快な飲み心地です。樽の香りも感じられますね」

●『ルバイヤート甲州シュール・リー 2014』1944円(丸藤葡萄酒)
 
 老舗ワイナリー丸藤葡萄酒が醸造。日本固有の伝統的ワイン用ぶどうである甲州を使用する。「ハンガリーのトカイワイン(貴腐ワイン)を思わせる味わい。ヨーロッパにはない、日本ワインのパワーが感じられる」

*価格は編集部調べ。売り切れて入手できない銘柄もあります

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
かつて山梨を抜き全国1位 大阪はワインの名産地だった
日本の土地や風土大切にする意識高まり国産100%ワインが人気
日本のワインは日本人の個性守るべき 今後も期待と仏巨匠

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。