ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワーク&ミリタリーとヴィンテージ感を楽しむ、「男の手仕事」に似合うエプロン

DATE:
  • ガジェット通信を≫


料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議とマッチしているな、と唸ってしまうエプロンって、意外と少ない。

そこで、こんな提案を。「男が着けたくなるエプロン」見つけました。

1900年代中期の労働着がモチーフ
ハンドメイドの「タフ」なエプロン

アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひとつがワークエプロンだ。

それらをリプロダクトし、現代風にアレンジしたエプロンを製造販売するラボラトリー「NAPRON」。国産ジーンズ発祥の地とされる岡山県・児島で1点ずつ、完全ハンドメイドでワーク、ミリタリー、ヴィンテージの要素を取り入れたプロダクトを製造している。

同時に楽しむ
「着ごこち」と「くたびれ感」

たとえば、このハンガーに掛かったデニム地のエプロン。ハードワークにも十分耐えうる12オンスのデニムを使用したもの。およそ2年ちょい使い込まれ、適度に色落ち縦ジワが入り、牛革のポケットは艶やかな飴色に。いい具合に“くたびれ感”が出ているのがわかる。こうなるともう、手放せなくなるのが男ゴコロというものではないか。

料理?ガーデニング?DIY?

用途に合わせて選びたい

USのヴィンテージエプロンからインスパイアされて誕生した、ロング丈の「SPRIT APRON」。股下部分にスリットが入り、しゃがんでの作業も楽ラク。オイルを使う自転車やバイクのメンテナンスに、ほかにはペイント作業にも最適だろう。

胸元からひざまで大小7つのポケット。メジャーやレンチ、ペンをさっと取り出せる設計もうれしい。クロスタイプの調整ひも付きなので、着丈の調整もバッチリ。カラーは、ブルー・ブラック・生成りの3展開。

真っ赤なキャンバス地が印象的なこちらのショート丈「LUMBER BIB APRON」も、ヴィンテージのワークエプロンがモチーフだそう。収納力抜群のフロントポケットは、手袋やブラシがすっぽり収まるサイズ感。ユーティリティーに特化したショート丈エプロンだから、ガーデニングシーンでも、キッチンでも栄える。

ちなみに胸元のレザーポケットは、なめした牛革をアクセントに使用。ジャブジャブ洗い使い込んでいくうちに色落ちや汚れとも違う、いい感じのエイジングが楽しめそう。カラーは全6色。

こちらは、ミリタリーのヘリンボン生地を使用した細身の縦長タイプ「LUMBER HALF APRON」。もちろん女性が身に付けるにもバッチリだ。LUMBERは、英語で木材や製材の意。20世紀の中頃に、実際に材木屋が販促用として配っていたエプロンをモチーフにしている。

細身のシルエットも丈の長さもキッチンに立つのに丁度いい一枚。デニムにも合わせやすいカーキーの他、ベージュ、白地にえんじのストライプ柄と全3種類。

ここでは、男性目線で使いたくなるワークエプロンをピックアップしたが、もちろんNAPRONには、ギャルソンタイプからソムリエタイプのロング丈、さらにはワンピースのようなヨーロッパのヴィンテージエプロンをモチーフにしたものまで、レディースラインも充実している。各地のセレクトショップやオンラインでも購入可能。

趣味が一層楽しくなる、こういうエプロンを選びたい。

Licensed material used with permission by NAPRON

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP