ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【青森旅行】奥入瀬渓流で苔ガールデビュー♡苔さんぽでミクロの世界へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

じゃらん編集者がプライベートで出かけた旅の中でのお気に入りをピックアップしてご紹介する本企画。Vol.4は、編集長の大橋が青森県十和田市にある苔スポット、奥入瀬渓流で体験した苔旅をお届けしてまいります。


全国で増殖中!?の苔ガールとは

この度、母親と共に苔ガールデビューをしてみました!苔ガールとは、苔をこよなく愛し、ルーペ片手に森の中を歩き、苔を観賞するボタニカル系女子のことだそうです。

苔スポットは全国に点在していますが、なかでも青森県十和田市にある奥入瀬渓流は、苔ガールデビューにおすすめの場所。

2013年8月6日に「日本の貴重なコケの森」として選定された奥入瀬渓流ですが、とてもアプローチが良く、少し歩くだけで気軽に大自然の中でハイクや苔観察を楽しむことができます。

豊かな木々に縁取られた奥入瀬渓流。十数カ所の滝があるそうですミクロの世界を覗いてみると、かわいいキノコにも心惹かれます

私が参加したのは、滞在先の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」が開催する「苔さんぽ」。日本には約1800種類の苔が生息しているといわれていますが、奥入瀬渓流ではそのうちの約300種類の苔が見られるといいます。

十和田八幡平国立公園に属し、特別名勝かつ天然記念物にも指定されている奥入瀬渓流は、まさに苔の楽園。その素晴らしい苔フィールドを、苔ガイドさんに案内していただくという「苔さんぽ」。ルーペを片手に行ってきました!

真剣にルーペを覗く母です(笑)

美しい渓流を眺めながら遊歩道を歩くと、岩、木の表皮、土の上など、至るところに苔が自生しているのが分かります。苔の上にルーペを当てて覗いてみると、そこに広がるのはまるで小宇宙。手のひらサイズのスペースに、何種類もの苔が自生しているので、ルーペを少し動かすだけで世界ががらりと変わります。

木の葉っぱのような苔、ネズミのしっぽのような苔など、あらゆる形の苔があるので見ていて飽きることがありません。光が後ろから差すととってもきれいで、ミクロの世界に魅了されっぱなし。

普段は虫が大の苦手ですが、苔の世界ではかわいい登場人物のようにも見えてきます♪

苔のじゅうたんにキノコがにょきっと!かわいすぎません?

順光と逆光でも苔の見え方が変わります。逆光では胞子体が綺麗に見えて面白い!

苔むしむしのテーブルと椅子

至れり尽くせり苔三昧!

魅惑の苔旅は、お散歩だけに留まりません。「苔ガールステイ」という宿泊プランを提供している「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、苔を楽しむ様々なアイディアを提案しています

今回私たちは、別のプランでの申し込みだったため、参加しませんでしたが、苔玉を作る体験なども開催しているようです。

そして、なんと苔ガール限定の苔色に包まれる「苔ルーム」なるものも。翌朝は、木漏れ日が差しこむ渓流沿いのテラスで朝食♪これが最高にきもちよかった!岡本太郎作の芸術作品がレイアウトされた美しいラウンジ。大きな窓からは森が望めます 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

TEL/050-3786-0022

住所/青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231

定休日/2015年11月24日(火)〜2016年4月14日(木)まで冬季休館

http://oirase-keiryuu.jp

苔のかわいさにすっかり魅了された苔旅。Myルーペを買ってしまう日も近いかも!?

※この記事は2015年の情報です

関連記事リンク(外部サイト)

海絶景がすごい!日帰り温泉7選【関西・中国・四国】
誕生日に記念日に家族旅行!泊まってよかったアニバーサリープランのある宿7選【関東甲信越】
ファミリーで泊まってよかった!家族風呂・貸切温泉のある宿7選【関東甲信越】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP