ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡修造がプッシュ!リニューアルした『日清麺職人しお』を新旧食べ比べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日清食品が販売する日清麺職人シリーズ7品が、4月4日にリニューアルした。

元テニスプレーヤーで現在はタレントとして活躍する松岡修造さんをフタにデザインするとともに、2万枚のQUOカードを封入する『修造入魂QUOカード(500円券)入ってるかも!?キャンペーン』を実施している。

■リニューアルから半月以上

次の写真はここ数日都内のスーパーで撮影したもの。リニューアルから半月以上過ぎたものの、以前の商品がゴロゴロしている。


新旧混在している店もあるが、旧商品とQUOカードが入っているかもしれない新商品では、新商品を手に取る人が多いのではないだろうか。

■見やすくなった表記

7品の内、6品はパッケージのリニューアルだ。同社発表では次の通り。

お客さまのご要望に応え、「日清麺職人」シリーズ全品について、スープの小袋やカップなど、パッケージの表記内容や色を変更して、より分りやすいように改良しました。

例えばしょう油味の側面は、次のように変わっている。

リニューアル前は遠目で見ると赤っぽくラーメン鉢らしいデザインながら、表記の見づらさがあった。消費者から「読みにくい」などの指摘があったのだろう。

リニューアル後は明らかに読みやすくなっている。デザインとして器らしさは減ったものの、仕方のないところか。

そして今回塩味だけが中身(スープ)をリニューアルした。同社発表では、次のように表現している。

香味野菜の香りが食欲をそそる、すっきりとした味わいの淡麗系しおスープ。鶏のだしのうまみをさらに利かせました。

先に書いたように、しお味の新旧を買うことができたため、両方を食べ比べてみた。

■鶏のだしのうまみとは?


フタに松岡修造さんをデザインしている点や、注意書きなどが読みやすくなったのは他と同様。ただしスープに手を加えただけあって、リニューアル前後でスープの原材料名が大きく変わった。

【リニューアル前】
食塩、植物油脂、チキン調味油、豚脂、ポークエキス、ごま、チキンエキス、オニオンパウダー、香辛料、香味油、香味調味料、糖類、セロリパウダー
【リニューアル後】
植物油脂、食塩、動物油脂(豚、)、チキンエキス、ごま、オニオンパウダー、香辛料、糖類、香味調味料、セロリパウダー、香味油、チキン調味油

ポークエキスが消え、新たに鶏油脂が加わった上、ごまよりも前にチキンエキスを表記(表記は使用量の多い順のため、チキンエキスの使用量が増えたと推測)している。この辺りに『鶏のだしのうまみ』の素があるようだ。

ただしリニューアル前は3番目に表記していたチキン調味油が、リニューアル後は一番最後に、つまり量的に減ったのが気になる。

■見ためは変わらず

中身とできあがりはこちら。なおフタの裏には、松岡修造さんからの熱いメッセージがある。


野菜が少ないように思えるが、リニューアルに際して、内容量が87gから86gに減った。麺は65gと変わらないため、減った1gが野菜のようだ。

ただ見た目に大きな違いは見当たらない。手を加えたスープも色が変わったようには見えない。

できあがりで「あれ?」と思ったのは香り。リニューアル後の方が鼻に強く当たるよう思えた。ただしそれが今回手を加えた鶏なのかどうかは不明。単に気のせいかもしれない。

さて『鶏のだしのうまみをさらに利かせました』とする肝心の味だが、関係者の方々には申し訳ないものの、大きく変わったようには感じられなかった。

変わったと言われればそんな気もするが、何も言われなければ「同じか」と思ってしまう可能性が大。

さて皆さんはどう感じるだろうか。気になった人は新旧食べ比べてみて欲しい。

日清食品『麺職人』サイト
https://www.nissin.com/jp/products/brands/menshokunin/
日清食品 リニューアル発売のご案内『日清麺職人』シリーズ7品
https://www.nissin.com/jp/news/5086

※写真は全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP