体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】ラーメン店「上弦の月」の新店主がなりすまし騒動で謝罪 / 修行1か月の新店主にラーメンファン激怒「手口がずるい!」

jougen-no-tsuki-ramen4

こってり系のラーメンやメン料理と言えば「裏サブロン」や「ラーメン二郎」が人気だが、皆さんはどんなラーメンがお好きだろうか?

かつて日本テレビの番組「列島最新!国民が選ぶ美味しいラーメン屋さんベスト77」で第4位に輝き、大ブレイクしたラーメン屋をご存知だろうか。 東京都大田区のラーメン屋「上弦の月」である。ラーメンに使用している鶏白湯醤油スープが脚光を浴び、日本全国から多くのファンが訪れる人気店となった。

・女将さんの人柄があまりにも素晴らしい
この店は、接客や調理を女将さんがおこない、ラーメンの開発(つまり裏方)を旦那さんががおこなっていた。ラーメンが美味しいのはもちろんのこと、女将さんの人柄があまりにも素晴らしく、多くのファンが「癒やされる接客」と絶賛していたほどである。そんな「上弦の月」で、とんでもないトラブルが発生していた。

・ホームページの内容に問題
「上弦の月」は2015年に移転の告知をし、2016年4月8日に新住所でオープンした。その間「上弦の月」の公式ホームページが公開され、多くの人たちが目にしていたのだが、その内容に問題があったのだ。

・女将さんになりすましてホームページを書いていた
ホームページを見てみると、あたかも女将さんが新店舗も継続して経営していくような流れで書かれていたのだが、実は新店舗の店主が「女将さんに成りすましてポーページを書いていた」のである。新店舗は、旧店舗で働いていた女将さんも旦那さんもスタッフも無関係で、まったくの別人が経営なのである。以下は、新店舗の店主による謝罪文である。

・新店舗の店主のコメント
「私は、共通の知人の紹介によりこの度二代目新店主として上弦の月を継承する事になりました佐久間浩二と申します。私が作成しているホームページ立ち上げ日に私の自己紹介を全くせず3月中旬まで約3カ月間、あたかも初代旧店主の山口和歌子様に成済ました内容、文章になってしまった事、3月中旬以降もまるで山口和歌子様、初代スタッフの方が店舗移転した様な内容、文章になってしまった事について御覧になられた皆様方、送信して頂いた皆様方、初代旧店主山口和歌子様、初代旧スタッフの方に多大なる御迷惑と誤解を与えてしまい本当に申し訳御座いませんでした。心より深く謝罪させて頂きます。事実として心から申し上げますと今回の店舗移転に旧店主山口和歌子様、旧スタッフの方は新店舗には参加致しません。新店舗は私、新店主佐久間浩二以下新スタッフ体制であり、新店です。私、佐久間浩二は山口和歌子様とは全く面識がなく一切無関係です。旧スタッフの方とは共通の知人の紹介により知り合いました。ラーメン修行経験はオープン直前1カ月間、上弦の月より教えて頂きました。自宅での本格的なラーメン試作などの経験はありません。味覚修行である食べ歩き修業は20軒程度です」

ramen11

・批判の嵐
上記の謝罪文、新店主がやってしまったことが許されるわけではないが、まったく言い訳は書かれておらず、潔い謝罪内容といえるだろう(新店主の開き直りと感じている人も多くいるのは事実だが)。しかし、多くのラーメンファンが「ラーメン修行は1か月だけ」「自宅でのラーメン試作したことない」「食べ歩き修行は20軒だけ」という点に衝撃を受けた。

ラーメン二郎を1日3食3日間も食べ続けた猛者は「食べ歩き修行が20軒だけ!?」と憤慨していた。それで美味しかったら文句はないのだが、味に対して批判の嵐。実際に食べた人たちからは以下のような声が出ている。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。