体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】コックピット初潜入!フィンエアービジネスクラス体験記(後編)

【連載】コックピット初潜入!フィンエアービジネスクラス体験記(後編)

【フィンエアービジネスクラス搭乗体験記】成田-ヘルシンキ(AY0074)ヘルシンキ-マンチェスター(AY0937)前編に続いての後編記事。いよいよ・・・人生初体験が始まります。

ヘルシンキへ向かう上空のフィンエアーコックピットへ初潜入! それは、フィンエアー飛行中のコックピットへの初潜入!

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)

コックピットからの眺めや臨場感を要約して伝えるのは、とても難しい。何故ならば、プルプル震えちゃうくらい感動したから!!! 感動が大きい分、気持ちの高ぶりだけがフォーカスされて、短い言葉で情景も表すのってEasyじゃないのよ。単純な感想で甚だ恐縮ではありますが、座席横で眺める空と、目の前の視界が180度以上開かれた状態の空って全然違う!

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)

分かりやすくいうと、いつもの座席横からの眺めだと、空が“現在→過去へと流れるようなイメージ”なのに対し、コックピットからの眺めでは“未来に向かって突き進む”かのよう。まるで時空間をも操っているような、不思議な気持ちになれるのです。(突然アインシュタインの相対性理論かじってるようなこと言い出したよ、私。おかしなヤツだと思わないでね。)飛行中、起きてさえいれば、空をずーーーーっと眺めているような私にとっては、たまらない経験! 四方に圧倒される機械の中で、眺めを見れば良いのか or パイロットに質問をすれば良いのか、ちょっぴり混乱。私がコックピットに潜入したタイミングは、折しも(個人的にも興味深い)ロシア上空を飛行中というタイミング。

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)

複数の端末を使いこなしながら飛行経路などもチェックしているようで、日本メーカーの端末も使用されていました。

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編) 【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)

※コックピット内はかなり眩しくて光の調整も難しい! なにかとハードルが高い現場だった・・・。「質問は無いですか?」と聞かれたものの、興奮で何を聞いてよいやら。コックピットに入れて貰えただけで感動の絶頂=EPICなのに、私は頭真っ白で・・・たのっちさんに質問をバトン。

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)

コックピット内にある様々なボタンも、私は興味の対象である為、正直頭がパニックです。(ジタバタ)飛行機マニアにとっても、この贅沢な体験はたまりませんねぇ・・・。

【連載】成田からへルシンキ経由マンチェスターへ。ビジネスクラス体験記(後編)
1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。