ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『装苑』専属モデルSUMIREの素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜昼の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CITIZEN GIRLS SPECIAL」。4月22日のオンエアでは、雑誌『装苑』専属モデルSUMIREさんが初めてラジオに出演しました。母・Charaさんのお話やモデルとして大切にしている想いなどを伺いました。

SUMIREさんがモデルの世界に入ったきっかけは、中学の時に母親のCDジャケットの撮影に誘われたことだったそうです。撮影現場の印象はどうだったのでしょうか。

「母は撮影の仕事をしている時はしっかりしていますが、私からみると普通のお母さんなんです。ケンカなどもしないので、仲良く買い物をしたり、服の話をしたりしています。最近になって、お母さんの服を『いいな』と思うようになり、借りることもあります」(SUMIREさん、以下同)

モデルの仕事は華やかそうにみえますが、大変なことも多いのではないでしょうか。

「雑誌では他のモデルさんの写真を見て『こんなポーズいいな』と思うものの、実際に私がやってみると、自分の良さがうまく出ていないのを感じます。どんな服も、モデルの表情やポーズ、姿勢によって全然違って見えてくるので、思い通りにはいかないことも多くて難しいです。これから経験を重ねて取得したいです」

映像の仕事にも興味があるというSUMIREさん。今後やってみたいことは演技の勉強と笑顔を作る練習。モデルのお仕事をする上で参考にしているのはKoukaさんだそうです。

「Koukaさんはショーモデルとしても活躍していますが、雑誌や広告などによって様々な表情を持っていると思います。それから、歌手のSky Ferreiraの雰囲気やファッションなどが好きです」

好きなお店は、原宿「HUG」。女の子らしいかわいい服や靴、雑貨などがあり、フェミニンな雰囲気がお気に入りとのこと。古着屋で買うこともあるそう。洋服を選ぶポイントは、長く着られるようなもの。着回しができるようなものだそうです。

ちなみに、22日の「PARADISO」のテーマは「恋愛で気を付けたいこと」でした。SUMIREさんは、たくさん褒めてくる人には気を付けたいと思っているそうです。褒めるって、意外と難しいですね。皆さんはいかがでしょう?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP