ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自治とは統治権力という温室に護られた「ぬるい統治権力」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中にはおかしなことが様々なことがあるが、評論家の呉智英氏が最近おかしいと感じたことは何か。呉氏が、新聞投書欄で見つけた気になる一文について論じる。

 * * *
 3月31日付朝日新聞投書欄に興味深い一文を見つけた。投書者は59歳の会社員。「低調だった春闘 組合費下げて」と題されたもので「組合費をはるかに下回るベアしか取れない」のなら「せめて組合費を下げ」たらどうか、と提言している。投書者自身、以前労組の委員を体験しており、その時も「毎月、数千円もの組合費を払っているのに」という声が聞かれたという。

 新聞投書欄は、おおむね自社の社是に沿う意見を掲載する。この投書にも、労組よ、もっと厳しく財界や政府を追いつめよ、といった朝日風革新色が感じられる。それはそれでかまわないのだが、実はこの投書は、労組や学生自治会の根本的弱点、さらに政治というものの本質をあぶり出している。

 今でこそこの投書者の指摘するように労働運動も低調だし、また学生運動も低調だ。しかし、1960年代から30年間近く過激派を含む運動が活発だった。そんな時代、私は企業や大学がいつ切り札を切るのだろうと思っていたが、ごく少数の例外は別として、切り札は切られなかった。その切り札とは、組合費・自治会費の代行徴収の廃止である。これはどんな弾圧より効果的な切り札である。

 代行徴収が廃止されたら、委員たちが組合員・学生一人一人に会費を払わせなければならない。そんなものに誰が喜んで応じるだろう。苦しい生活が楽になるという目標を掲げるから、労組・自治会は支持されている。それなのにさらに会費まで「搾取」されるのだ。誰も支持しなくなるだろう。

 代行徴収廃止をしても、企業・大学は一切非難されない。自治を少しも侵害していないからだ。どうぞ御自由に「自治」をして下さい、我々は自治を尊重するからこそ一切の干渉をやめるのです、という論理が成立するはずだ。

 要するに、自治なるものは、統治権力という温室に護られた「ぬるい統治権力」なのである。統治権力が本源的に行使する徴税のような「汚れ仕事」は、労組も学生自治会も最初から引き受ける気がないのだ。そもそも政治とは統治であり、統治を実行するのは権力である、という政治学の常識が分かっていないのである。

 私は、今では誰も読まなくなったレーニンの『国家と革命』の一節を思い出す。第一章最終部分でレーニンは言う。

「自由な人民国家」とはドイツ社会民主主義者の主張である。エンゲルスは、宣伝扇動上の理由からこれを便宜的に認めはしたが、この主張は本質論としてはまちがいである。「あらゆる国家は非自由で非人民的な国家である」。

 これを読んだ18歳の私は、レーニンの峻厳な政治認識に感動すると同時に、宣伝扇動のためなら自由な人民国家という偽りの「ゆるい政治観」を流すのもあるとするリアリズムに、ちょっと恐い気もした。そして『国家と革命』の一節の重要性も知らぬまま学生運動に没頭する友人たちも、別の意味でちょっと恐いと思った。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。 日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
名古屋繁華街の飲食店をまとめあげた山口組若頭の「経営手腕」
日本統治下の台湾の風刺漫画で当時の日本への思いを解する本
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「虎退治」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。