ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成長因子を頭皮に注入して毛髪再生を促すHARG治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薄毛の原因は、遺伝的要因、ホルモン、ストレス、加齢、睡眠不足、アレルギーを含む免疫疾患などがあり、人によっては、複数の要因が重なっていることもある。近年は男性だけでなく、社会進出が進んだことで、薄毛に悩む女性も増えている。

 従来の薄毛治療は、男性型薄毛に対するAGA外来治療や植毛のように、髪の毛だけをターゲットにしていた。それが最近では、髪の毛とそれが生えている頭皮の細胞の活性化により、毛髪を再生させるという考え方を基本にした、新しい治療が始まっている。開発したHARG治療センター桜花クリニック(新宿区)の福岡大太朗院長に聞いた。

「私は20年以上、細胞から出るサイトカインの研究をしています。サイトカインとは、細胞から細胞への情報伝達の役割をするたんぱく質です。サイトカインを外から注入すれば、眠っていた細胞や組織が活性化し、毛髪が再生するのではないかと発想したのがHARG治療です」

 サイトカインのサイトは細胞、カインは作動物質という意味のたんぱく質で、インターロイキン、インターフェロン、造血因子、増殖因子、細胞傷害因子(TNF-α、TNF-β)などの総称だ。免疫細胞から産生し、対応するレセプター(受容体)を持つ細胞に作用して、細胞の増殖や分化、活性化を促している。

 サイトカインを利用した組織再生は、2006年頃にヨーロッパでアンチエイジングのための皮膚再生に対して始まった。しかし、毛髪の場合は皮膚より難しい。毛根が活性化されれば毛は伸びるが、次の毛が生まれなければ毛髪は減る。頭皮が再生すれば、髪が生える土壌が豊かになり、毛髪が育つ。つまり、頭皮と毛根の両方の細胞が活性化しないと毛髪は再生しない。

 HARG治療に使用するサイトカインは、幹細胞の培養液中に大量に含まれている。そこで、ウイルス感染や既往歴のない20歳前後のドナーから採取した脂肪組織の中の幹細胞を培養し、上澄み液を集め、凍結乾燥して治療用薬剤を作成する。

 治療では、外来で薬剤を直接頭皮に注射する。注射は原則として4週間に1度接種し、平均で8回程度行なう。

「この治療は、患者の眠っている細胞を起こして働かせます。年齢が上がると細胞自体が減少してくるので、若い人の方が効果が出やすい傾向にあります。また薄毛の原因は人によって様々で、免疫疾患が原因の場合は、効果が得られにくいこともあります。さらに、薄毛になってから時間が経過した場合は、細胞を活性化させるのに時間がかかることもあります」(福岡院長)

 現在、幹細胞増殖やiPS細胞での再生治療の研究が進んでいる。細胞を利用する再生治療には、多額の費用と安全性を担保した設備が必要だ。しかし、将来的には毛髪に限らず、幹細胞やiPSで細胞を増やし、サイトカインで活性化させる再生治療の可能性も期待されている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
祝ノーベル賞! iPS細胞の基礎から可能性までが分かる本
理論上は永続的発毛が可能になる「17型コラーゲン」に興奮
注目の毛髪再生医療 米国企業ではフェーズ2の段階まで進む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP