ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心が洗われるよう・・・アメリカ北西部・美しい花の絶景3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすっかり春の陽気ですね。アメリカ大陸の北西部にも少し遅めの春がやってきました。この近辺で楽しめる、今が見頃の花の絶景を3か所ご紹介します。

スカジットバレー

ワシントン州・シアトルの中心部から1時間半ほど北上すると、都会の喧騒が嘘のようにのどかな農村地帯が広がります。それがスカジットバレー。春になると辺り一面チューリップの絨毯に覆われます。

花が見頃を迎える4月には、毎年「チューリップ・フェスティバル」が開催され、100万人もの観光客が訪れるといいます。

赤、白、黄色・・・と童謡にも歌われる定番カラーはもとより、ピンクや紫などの珍しい品種も見られます。色とりどりのチューリップが広がる台地は、極彩色の絵巻物のようです。

アクセス
シアトルから車で約1時間半。バスツアーもあり花の見頃
4月~5月

レーニア山

富士山そっくりの外見から、日系移民に「タコマ富士」と親しまれていたレーニア山。標高4392mにも及ぶカスケード山脈の最高峰は、冬は30m近く雪が積もる極寒の地ですが、夏季になれば高山植物が茂り、花々が咲き誇ります。格別美しいのは、南麓のパラダイスに広がる花畑。標高は1,650m。ふもとでは見られない高山の花々が可憐に咲き、背後にそびえたつ雄大なレーニア山と絶妙なコントラストを生み出します。

リフレクションレイクの、湖面に映る山も美しいものです。逆さタコマ富士といったところでしょうか。

アクセス
シアトルから車で3時間弱。バスツアーもあり花の見頃
7月~9月

[レーニア山国立公園(Mount Rainier National Park)]

ブッチャートガーデン

カナダはブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリア郊外に、遠方からでも出かけていきたい庭園があります。カナダ国家史跡にも指定されているブッチャートガーデンです。園内は、サンケンガーデン(沈床庭園)、ローズガーデン、日本庭園、イタリアンガーデン、地中海庭園と5つのエリアに分かれていて、冬季以外は常に何かしらの草花が見頃を迎えています

園内にはレストランやカフェもあり、夜はライトアップもされます。朝9時から夜10時(夏季のみ)まで年中無休で開演しているので、1日滞在して楽しみたい庭園です。

アクセス
シアトルから船とバスで約3時間半。ツアーもあり花の見頃
5月~10月

[ブッチャートガーデン(Butchart Gardens)]

花の開花時期は今頃から、ものによっては10月まで続きます。美しい花々を見に、アメリカ北西部まで足を延ばしてみませんか。

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP