ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参加費はタダ♡オランダ・ベルギーツアー参加者をTABIPPO.NETの読者から募集します!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、旅に出たのはいつですか?「旅に出たい!」という気持ちがあってもなかなかすぐには行けないですよね。

学校が忙しかったり、仕事で時間が取れなかったり、時間はあってもお金が心配…なんて人も多いはず。

今回TABIPPO.NETの読者のみなさんから、オランダ・ベルギーへ旅したい人を募集します!なんと、オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局、KLMオランダ航空のご協力で参加費は無料!

 

無料でオランダ・ベルギーをまわるツアーに行けちゃう!

photo by shutterstock

今回、オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局、KLMオランダ航空が共同で、オランダとベルギー(フランダース地方)2カ国を巡るプレスツアーを開催することになりました。

そのプレスツアーに同行する読者ライターを募集します!この機会に、ヨーロッパの十字路と言われるオランダ、ベルギーへ旅に行きませんか?

 

搭乗するのはKLMオランダ航空

photo by KLMオランダ航空

KLMオランダ航空は世界で最も歴史あるエアラインで、成田・関空からアムステルダム・スキポール空港に直行便を運航。

KLMでは機内インテリアやテーブルウェア、アメニティキットから食事まで、国際的に活躍する最先端のオランダ人クリエーターを採用しています。日本路線にも導入されているボーイング777-200の新しい客室は、オランダを代表するデザイナー、ヘラ・ヨンゲリウスが担当。

エコノミークラス座席の足元がより広くなり、客室はオランダデザインでより居心地良く、洗練された空間になっています。

 

オランダといえばチューリップだけじゃない!実は自転車の国!

photo by shutterstock

西ヨーロッパに位置する国、オランダ。4〜5月の今頃には、首都アムステルダムから足を運べるキューケンホフ公園のチューリップが見頃です。700万以上の花が咲き誇り、多くの観光客が訪れるスポットです。

photo by オランダ政府観光局

photo by オランダ政府観光局

またオランダと言えば、全長3万kmもの自転車道が整備されている「自転車大国」。一人あたりの自転車の保有率は世界一で、生活と密接に結びついています。

 

「フランダースの犬」で知られる国ベルギー

photo by shutterstock

オランダの隣に位置するベルギー。ベルギーワッフルやチョコレートが有名で、ヨーロッパ有数の美食の国として知られています。

北部のフランダース地方には、日本人には「フランダースの犬」の舞台として知られるアントワープがあります。アントワープはファッションや港町として観光客に人気のスポットです。

photo by Westtour

ベルギーも自転車が生活の一部となっており、スポーツではエディ・メルクスを筆頭に、トム・ボーネンなど世界的に有名なロードレーサーを数多く輩出。

また今年は、日本とベルギーが外交・友好関係樹立150周年を迎える記念の年でもあります。

 

オランダでは可愛い村やゴッホゆかりの地へ

アムステルダム Amsterdam

photo by shutterstock

オランダの首都。アムステルダムから北へ数キロいくと、牧歌的な田園風景が広がっています。Broek in Waterlandなど街並が可愛い村を訪問します。

 

オッテルロー Otterlo

photo by pixta

オランダ東部にある通称「ゴッホの森」と呼ばれるオランダ随一の森林地帯、国立公園デ・ホーヘ・フェルウェでプチ・サイクリングを体験。自然と調和したアートサイト「クレラー・ミュラー美術館」を訪問します。

 

ゴッホの故郷 Zundert/Nuenen

photo by shutterstock

オランダ南部のブラバント地方には、画家フィンセント・ファン・ゴッホ生誕の地ズンデルトや青少年時代を過ごしたヌエネンがあります。

画家を育んた町で、ゴッホゆかりのスポットをつなぐルートをめぐります。

 

アイントホーヘン Eindhoven

photo by shutterstock

デザイン家電や音楽で知られるフィリップス社が誕生した街。オランダの著名デザイナーが手掛けたHet Restaurant van Piet Hein Eekでディナーを予定しています。

 

ベルギーは世界遺産の古都やホップの産地へ

ブルージュ Bruges

photo by ベルギー・フランダース政府観光局

photo by Wouter Van Vooren

photo by J.J.Soenen

繊細なレースで知られ、旧市街が世界遺産となっているフランダース地方随一の古都を訪問。ブルージュからは自転車で郊外のダムへ。本の町と呼ばれるダムとその周辺の鄙びた美しいエリアをまわり、帰りはゆったりクルーズ船で帰ります。

 

ポッペリンゲ Popperinge

ALL WE NEED IS BEER!!!さん(@all_we_need_is_beer)が投稿した写真 – 2016 4月 8 4:35午前 PDT

フランダース西部にあるビールの材料「ホップ」の産地。青々とした爽やかなホップ畑が広がります。栽培農家を訪問し、ベルギービールと料理を組み合わせるフードペアリングについて学びます。

 

コルトレイク Kortrijk

photo by shutterstock

フランダース西部周辺にはリネン畑が広がり、6月は原料となる植物フラックスの青い花が一斉に満開となります。リネンの歴史を伝えるミュージアム「テクスチュール」を訪問します。

 

シント・マルテンス・ラーテム Sint Martens Latem

Matteo Pelucchiさん(@matteo.pelucchi)が投稿した写真 – 2016 2月 27 5:12午前 PST

「ヨーロッパ美しい村30選」に選ばれた村。レイエ川がゆったりと流れ、緑にあふれた村は芸術家が住む村としても有名。村のおしゃれなオーベルジュで、ディナー&宿泊を予定しています。

 

プレスツアーの概要

主催 :オランダ政府観光局 ベルギー・フランダース政府観光局 KLMオランダ航空
日程 :2016年6月13日(月)出発~6月20日(月)帰国(予定)
参加費:エコノミークラス航空券、及び航空券に伴う空港税、保険料、燃油付加運賃等は主催者が負担
日程表に記載の現地宿泊費、交通費、食事は主催者が提供。出国時の各空港までと帰国時の空港からの交通費、エクセスラゲージ費用、海外旅行保険料、及び現地における自由行動の際の諸経費、チップ等は参加者負担となります。
※帰国後には、プレスツアーについて記事の執筆をお願いしています。

 

6月のスケジュールは空けておいて♡

オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局、KLMオランダ航空のご協力で、無料でオランダ・ベルギーのツアーに参加できるこのチャンス。

ヨーロッパに行ってみたい。オランダ・ベルギーに興味がある。自分の体験を記事にして多くの人に届けたい。無料なら参加したい、など理由はなんでもアリ!

この春、オランダ・ベルギーを旅してくれる方を待っています♡

関連記事リンク(外部サイト)

バージョンアップした絶景手帳2016がテレビなど各種メディアで話題に!
LINEで世界一周経験者に直接質問ができる
“旅好きが集まる憩いの場所”TABIPPOライターが働くオフィス大公開!
【キャンペーン開催!】日本最大の旅祭2014出演アーティストグッズをプレゼントします!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP