体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど怖かった

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど怖かった

徳島県西部、剣山系の山々に囲まれた雄大な渓谷美が広がる「祖谷渓(いやけい)」。この祖谷渓に日本三大奇矯に数えられる「かずら橋」があります。

笑えないほど怖い、スリル満点の吊り橋

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

祖谷川に架かるかずら橋。奥深い山々に溶けこむ吊り橋は、どこか日本の原風景を醸し出しています。透き通る清流は目を奪われる美しさ!

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

チケット売り場で通行料(大人550円、子供350円)を払ってから橋を渡ります。観光地の橋ということで正直余裕な気持ちだったのですが、これが全くの誤算でした・・・。

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

まず何よりも驚くのがその高さ! 水面からは14mほどですが、想像以上に高く感じます。祖谷川の美しさに浸る余裕は全くありません・・・。

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

野生のシラクチカズラを編んで作られたかずら橋。現在では安全上のためワイヤーや金具で止められているのですが、進むごとにギシギシと揺れてスリル満点!

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

床面は「さな木」と呼ばれる丸太や割木を編んだだけで、谷底がよく見えるくらいの隙間が空いています。ちょっと間違えば足がすっぽり落ちてしまいそう。

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

長さ45mのかずら橋ですが、へっぴり腰で歩いていたので渡りきるのに10分もかかってしまいました。とにかく足元の隙間が怖すぎて、取っ手につかまらなければ普通の人は歩けないほど。この橋をどこにも触れずに渡りきれば、間違いなく偉人です!

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

「祖谷に巡行した弘法大師が村人のために作った」「追っ手から逃れる平家の落人が、いつでも切り落とせるようにシラクチカズラで作った」など、諸説残されているかずら橋。いずれにしても遠い日本の昔にどのような人々が奥深い渓谷に橋を作ったのか、思いを馳せられる貴重な場所でした。

かずら橋へのアクセスと駅弁情報!

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった

かずら橋は徳島県の西部にあり香川県や高知県からもアクセス可能ですが、今回はご当地駅弁を食べたいがために徳島駅から出発。

【徳島】日本三大奇矯「かずら橋」を渡ってみたら、死ぬほど超怖かった
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy