ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽に新風!52種類もの楽器音を奏でられる新楽器「Dualo du-touch S」が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見た目はアコーディオンのミニチュア版のよう。しかし、蛇腹などはなく、ボタンを押して出るのは電子音。

しかも、52種類もの楽器音を出せるというユニークな楽器「Dualo du-touch S」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

演奏そのものを楽しむだけでなく、演奏フレーズを録音・再生して重ねるというルーパー機能も搭載しているので作曲にも活躍しそうだ。

・550グラムのコンパクトサイズ

du-touch Sは重さ550グラムと子どもでも扱えるほどのサイズで、左右のキーを押して演奏する。ギターやピアノ、パーカッションなど、出せるのは52種の楽器音。音域は3オクターブとなっている。

ヘッドフォンやスピーカーをダイレクトにつなげられ、1回のフル充電で8時間の使用が可能だ。

・子どもでも演奏できる!

さまざまな音が出せるだけでも楽しいが、du-touch Sはパフォーマンスでも活躍する。du-touch Sを使ってあらかじめ録音しておけば、その音をライブに活用することも可能だ。

また、講習ビデオも用意されていて、子どもでもそれを見ながら次々とライトが光るキーを押して指の動かし方をマスターできる。

この目新しい楽器に興味を覚える人は少なくないようで、Kickstarterではすでに最安値パッケージは“完売”。今なら349ユーロ(約4万3000円)の出資でゲットできる。

出資期限は5月11日で、発送は今年12月を予定している。

Dualo du-touch S/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP