ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、光を用いてスマートフォンなどに情報を転送するディスプレイ製品「光 ID 送信機能内蔵液晶ディスプレイ」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックは 4 月 22 日、光(可視光)を用いてスマートフォンなどに情報を転送する「光 ID」機能を備えたデジタルサイネージ・展示会用のディスプレイ製品「光 ID 送信機能内蔵液晶ディスプレイ」を発表しました。この製品は 5 月に発売されます。この製品の特長は、初め聞く「光 ID」です。これは、普段見える可視光線の明暗の差を用いて本体の画面に表示される写真や映像、その他、様々な情報をスマートフォンに転送する通信技術。「光 ID」は複数用意できるので、一台で様々なコンテンツを紐付けた「光 ID」を切り替えながら送信すると、様々な情報を瞬時に送信できます。「光 ID」対応デバイス同士のコンテンツ転送が光で行われるようになるので、コンテンツ転送のための設備の追加や配線が不要になるほか、別途提供される「光 ID」の LED ライトバーを使えばマルチディスプレイシステムをワイヤレスで構築できるとされています。対応スマートフォンのことについては、OS のバージョンやカメラ性能に条件が設けられているので、全ての端末で利用できるわけではなさそうです。ディスプレイには 42 インチ、49 インチ、55 インチの 3 タイプが用意されています。Source : パナソニック

■関連記事
Microsoft、OneDriveの無料ストレージ容量を7月27日に5GBに削減
英国のAmazonがXperia Xの発売日を5月20日と記載
FacebookのAndroidアプリにWEBリンクを直接保存できる「Save」ボタンが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP