ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【那覇発】みんなでつくる「街のほんだな」が、イイんだな!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味ちがいます。「人と街をつなぐ」というコンセプトで、1日3冊まで交換可能な、誰でも利用できる本棚なんです。

「交換」して
みんなでシェアする本棚


「みんなのほんだな」のルールは、いたってシンプル。


・本を交換したいときは、自分の本を持ってくる。
・交換は、1日3冊まで。
・利用は無料。

読書好きなら思わず、「自分の家の近くにも、こんな本棚が欲しい!」と思ってしまいますよね。ただし、交換不可な本もあるので要注意。

※辞書、漫画、政治、宗教、週刊誌、情報誌、古い専門書、汚損本などは不可

そもそも、地元の人に「毎日でも商店街へ寄って欲しい」という思いで始めたそうですが、「みんなのほんだな」ができてからは、本を探しに毎日立ち寄る人や若い学生も増え、とても活気が出てきたとか。なかには、遠方から足を運ぶ人もいるそうです。

掲示板の役割を果たす「黒板」の存在感も◎。イベントの告知や、新しく入ってきた本のことなども書かれていて、みんなのコミュニケーションの場に。

また、ルールさえ守れば観光客や通りがかりの人も「ほんだな」を使うことができます。

「全国に『みんなのほんだな』が
広まれば嬉しい」

運営をしている「一般社団法人なは市場振興会」は、

「この『みんなのほんだな』が全国的に広まれば嬉しいです。『みんなのほんだな』の全国ツアーが企画されるのを楽しみにしています」

と、今後の展望についても話してくれました。最新の情報はFacebookで発信されているので、ぜひ一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by みんなのほんだな

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP