ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】ロバート・デ・ニーロがロベルト・デュランのトレーナーを演じる映画『Hands of Stone(原題)』のティザーが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナマのプロボクサー、ロベルト・デュランの自伝映画『Hands of Stone(原題)』のファースト・トレーラーが公開された。映像は、デュランのトレーナーのレイ・アーセル役を演じるロバート・デ・ニーロの目を通して映し出され、同作に多くのボクシングシーンがあることが伺える。

デ・ニーロは、「ロベルト・デュランは、66秒で私の人生を変えた」 「ロベルト・デュランは、無名で何も持たなかったところから始め、全てを変えた」と、ナレーションで語る。

エドガー・ラミレスが、パナマのスラム街から、記憶に残る最も素晴らしいボクサーの1人となったパナマ人ボクサーの役を演じる。ジョナサン・ヤクボウィッツが、自身が執筆した脚本をもとに監督を務めた。

アッシャーが演じるデュランのライバル、シュガー・レイ・レナードとデュランとの闘いは、ボクシング史上で最も激しい試合の1つと言われている。

そのパンチ力から、「石の拳(ハンズ・オブ・ストーン)」と呼ばれたデュランは、1968年から2002年にかけて119試合を闘い、103試合で勝利を収め、50歳で引退した。

デュランは、1980年のレナードとの再戦での敗戦後に、「もうたくさんだ」と、宣言し、それ以上闘うのを拒んだことは最も記憶に残るところだ。

アーセル(デ・ニーロ)は、「お前はロベルト・デュランだ」 「そこに入り、ふりをしろ」と、激しい試合の最中にコーナーでデュラン(ラミレス)に言う。

同作には、エレン・バーキン、ジョン・タートゥーロ、アナ・デ・アルマスも出演する。ジェイ・ワイズリーダー、カルロス・ガルシア・デ・パレデス、クロディーヌ・ヤクボウィッツ、ジョナサン・ヤクボウィッツがプロデュースを行った。

映画『Hands of Stone(原題)』は、ザ・ワインスタイン・カンパニーより、8月26日に米劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP