体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築44年・団地住民の住まいの困りごとを「お手軽DIY」で解決

築44年・団地住民の住まいの困りごとを「お手軽DIY」で解決
築44年マンモス団地住民の“住まいの困りごと”を解決できるDIYとは?

全国屈指の規模を誇るマンモス団地「UR高島平団地」。8287戸に1万人以上が住む団地の敷地内には、大型スーパーや商店街、保育園や公園広場もそろう。都心へのアクセスも便利なことから、昭和47年に入居がスタートした直後は応募が殺到したといわれる。

しかし、それから44年。経年による老朽化は否めず、悩みや不安を抱える住民も少なくない。そこで、ちょっとした“補修のコツ”や、住まいのアップグレードにつながる“お手軽DIY”を学べるワークショップが同団地にて開催された。

アイデア勝負の”手間が掛からないDIY”を伝授

今回、暮らしの困りごとを改善する取り組みの一環で実施されたDIYワークショップは、「ふすまの張り替え」「窓まわりの結露対策」「壁のペイント」の3つ。いずれも特別な工具は不要で、子どもからシニアまで手軽に行うことができるDIYだ。【画像1】ふすまの張り替えで用意されていたのは、「壁紙」「マスキングテープ」「両面テープ」そしてカッターとはさみだけ。自分好みに簡単にデコレーションすることができる(ただし退去時に敷金からふすま代を精算する形で原状回復が必要)(写真撮影/末吉陽子) 【画像1】ふすまの張り替えで用意されていたのは、「壁紙」「マスキングテープ」「両面テープ」そしてカッターとはさみだけ。自分好みに簡単にデコレーションすることができる(ただし退去時に敷金からふすま代を精算する形で原状回復が必要)(写真撮影/末吉陽子)【画像2】レクチャーを受けながら、子どもと一緒におよそ10分で張り替え完了! ふすまを変えるだけで部屋の印象もガラリと変わるものだ(写真撮影/末吉陽子) 【画像2】レクチャーを受けながら、子どもと一緒におよそ10分で張り替え完了! ふすまを変えるだけで部屋の印象もガラリと変わるものだ(写真撮影/末吉陽子)【画像3】空気層をつくって冷気をブロックする「窓ガラス断熱デザインシート」や、発生した結露を吸い取ってくれる「結露吸水テープ」など、住まいのメンテナンスアイテムや省エネアイテムなどを開発するニトムズが製品を展示し、貼り方のコツをレクチャー(写真撮影/末吉陽子) 【画像3】空気層をつくって冷気をブロックする「窓ガラス断熱デザインシート」や、発生した結露を吸い取ってくれる「結露吸水テープ」など、住まいのメンテナンスアイテムや省エネアイテムなどを開発するニトムズが製品を展示し、貼り方のコツをレクチャー(写真撮影/末吉陽子)【画像4】会場ではニトムズ製品の物販も実施。窓ガラスのサイズに合わせてカットし、霧吹きなどで湿らせた窓に装着するだけの簡単なDIYとあって、結露によるカビを気にする住民に好評だった(写真撮影/末吉陽子) 【画像4】会場ではニトムズ製品の物販も実施。窓ガラスのサイズに合わせてカットし、霧吹きなどで湿らせた窓に装着するだけの簡単なDIYとあって、結露によるカビを気にする住民に好評だった(写真撮影/末吉陽子)【画像5】これらはいわば、劣化や結露によるカビ防止といった、生活の「困りごと」を解消するためのDIY。今回はそれに加え、自分の手で暮らしに彩りをプラスする、いわばDIYのチカラで生活をアップグレードするためのワークショップも同時に実施された(画像提供/UR都市機構)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。