ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルド・カサノバ社長はニホンザルと相撲に高い関心

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長兼CEO(51)は、会見ではクールなできる女性のイメージだったが、その本当のキャラクターを推し量ったメデイアはあまりない。そこで、女性セブンではそんなカサノバ氏の素顔に迫った。カサノバ氏とはどんな存在なのか?(インタビュー・構成/山川徹 撮影・ヤナガワゴーッ! 文中敬称略)

 * * *
 1965年、カナダ・オンタリオ州に生まれたカサノバ。人口5000人に満たない村で教師の父と専業主婦の母のもとで育った。

 水泳、フィギュアスケート、アイスホッケー、バスケットボール、バレーボールなどに取り組む活発な子供だった。なかでも水泳は「大学時代、授業を受けるよりもプールに浸かっている時間の方が長かった」と語るほど熱心に打ち込んだ。

 子供好きの原点は、「学生の頃、幼い子供や小学生に水泳のコーチをやっていて、彼らが少しずつ成長していく姿に心打たれたこと」だという。

 マクドナルドとの出合いは小学生低学年の頃。初めて食べたのは父に連れられていったカナダ最大の都市トロント。父に「お前はまだ小さいからビッグマックはまだ早いよ」と言われてますますビッグマックが食べたくなったとカサノバは笑う。

「その頃からいつかマクドナルドで働きたいと思うようになったの」

 国際マーケティングを学んでいた大学時代の論文のテーマは「ロシア・モスクワに進出したばかりのマクドナルドについて」。ソビエト進出を担当したマクドナルド・カナダの幹部にインタビューしたことが縁となり、1991年、マクドナルド・カナダに入社する。

 最初の職場は、野球のメジャーリーグのチーム「トロント・ブルージェイズ」の本拠地・スカイドームで、マーケティングを担当した。その翌年8月にはロシアに渡るが、当時はソ連崩壊直後で混乱のさなか。正直、悩んでしまったという。

「母は『何? どうしたの?』なんて興奮気味でしたけれど…。父のおかげでロシア行きが決断できました。チャンスだから絶対に行きなさいと背中を押してくれたんです。最悪でも失敗するだけでしょ、と。やってみなければ、何もわからないなとチャレンジできたんです」

 ロシア勤務後はトルコに赴任。1997年に再びロシアやウクライナ、ベラルーシのマーケティングを担当し、2001年にカナダに帰国。2004年から5年間は、日本マクドナルドのCMO(マーケティング責任者)を務め、2009年にはマレーシアのマクドナルドの経営責任者であるマネージングディレクターに就任した。

 ロシアへの一歩は、彼女の人生を大きく変える決断だった。ビジネスマンとしてのキャリアだけではない。ロシアで生涯の伴侶となる男性と出会ったからだ。

「当時、モスクワにあるアメリカ政府関連の施設で建て替えの工事が行われていました。その工事現場で電気技師として働いていたのが、アメリカからやってきた夫でした。知人の紹介で知り合い、2001年にカナダで結婚しました」

 現在、カサノバは、都内で夫と1匹のイングリッシュコッカースパニエル、2匹のベンガルネコ(マレーシア在住時に飼い始めた珍しいネコ)と暮らしているが、アメリカには離れて暮らす子供や孫たちがいる。

「家族と過ごす時間を大切にしたいといつも思っているの。でも仕事に終わりはありません。忙しすぎると仕事とプライベートのバランスがおかしくなるときもあります。そんなときは主人が気遣って『働きすぎじゃないか』『休んだ方がいいよ』と声をかけてくれるんです」

 野性的で勇敢なイメージの「カウボーイ」で有名なテキサス出身の夫は、カサノバいわく、「東京で彼よりもおいしいメキシコ料理を作れる人はいない」ほどの料理の腕前。

 来日してからは日本料理を熱心に研究し、牛丼やみそ汁を妻に振る舞う。ときにはいわしのつみれ汁などの凝った料理にも挑戦するらしい。彼の手料理でおいしいものは、と尋ねると、「おいしくないものを探す方が難しいわ」と笑う。

 一方で、カサノバは、時間ができると思い出の母の味の再現にチャレンジしている。スパゲティ、ミートボール、ラザニア、そしてピクルス…とくにピクルスは、都内の自宅の家庭菜園で育てた野菜から作るほどの凝りようだ。現在はきゅうり、トマト、パプリカを育てているという。

「カナダの実家にも家庭菜園があったから、子供の頃から土いじりは慣れているの。土を触っていると気分が落ち着いてリラックスできるし、何よりも大きく育った野菜を見るのが楽しみ。でもね、母の味を出すのが本当に難しい。レシピ通りに作っているんだけど、母と同じ味にはなかなかならないのよ」

「家族との時間を大切にしたい」と語るカサノバは、仕事が残っていたとしても残業はせずに家に持ち帰る。社長が残っていたら社員たちも帰宅しにくくなり、家族との時間を過ごせなくなるかもしれないと考えるからだ。

 マクドナルド・コミュニケーション本部の河南順一は笑う。

「夜になると『そろそろみんな帰りましょう』とサラがオフィスを回るんですよ。いつも遅くまで残っている社員には、ドアの前に立って『みなさん知ってますか? こっちが帰り道ですよ』なんてジョークを言っていますね」

 カサノバ自身は日本での生活を満喫しているようだ。

「Cool! 最高に格好いい。本当に大好きなの」

 興奮気味にそう話すほどハマっているのが、ニホンザル。温泉につかるサルで有名な長野県の地獄谷野猿公苑では9時から16時までサルが入る温泉をライブカメラで撮影し、動画を配信している。サルが何頭入浴しているか、インターネットでチェックするのが日課である。また夫婦で朝稽古を見学するほどの好角家でもある。

「力士によって得意技が違うでしょ。主人は技の名前を覚えるほど好きになりました。私は魁皇関と白鵬関のファン。魁皇関はもう引退してしまってホントに残念よ」

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
マクドナルド 夜~朝のバリューセット購入者にチキン無料券
日本マクドナルド 上海福喜食品に自社のグローバル基準を認証
株主優待だけで生活する男性 マクドナルドの株で食事券獲得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP