体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実録・実家のたたみ方[後編] 捨てた家財はトラック17台分

実録・実家のたたみ方[後編] 捨てた家財はトラック17台分
実録・実家のたたみ方[後] トラック17台分を捨てても足りない

両親の住む実家をたたむ体験をした、Kさんの事例を紹介。前編は実家を手放すと決めた経緯と、両親が住むための賃貸住宅探しを紹介した。後編は実家をたたむ過程の一番の難関である「実家の片付け」を紹介しよう。

実家の家財の処分に、焼却施設まで車で17往復

実家の整理と売却を担当することになったKさん。不動産会社から「家財の処分をしないと実家の売却ができない」と言われた一方で、両親の家財の整理は進まないことに困惑した。要・不要の判断がなかなかできないうえ、体力的に物を移動させることが難しかったからだ。不用品回収業者に見積もりを取ってもみたが、費用は60万円と高額なうえ選別せずにただ処分するだけということなので、Kさんは自分でやろうと決めた。

家財の処分で決めたことは2つある。

(1)ルールを決めて振り分ける

・家族の思い出の品は残す

・貴重品に該当するものは残す

それ以外は処分する

(2)処分方法に迷うものはその都度スマホで撮影し、兄と姉にSNSを活用して即時に意見を求める

両親が住む新居には、必要な家具家電を新たに買いそろえることにしたので、実家の家財は基本的にはほとんど処分するのが前提だ。祖父の図書資料などは価値がありそうだったので、地元の図書館に寄付を決めた。契約書類は確認して、不要な契約は解除した。兄や姉、Kさんがそれぞれ手元に置きたいものも選別していった。【画像1】なかなか片付かない実家(画像提供:Kさん)

【画像1】なかなか片付かない実家(画像提供:Kさん)

こうしてKさんは4月の週末に2回帰省し、GWに入ってからも2日間をかけて、家財を振り分けてまとめ、1トントラックを借りて焼却施設に持ち込み、処分を依頼することの繰り返しで、実に17往復をした。ただし、大型家具だけは、処分を業者に10万円で委託した。【画像2】片付ける前の今の様子(画像提供:Kさん) 【画像2】片付ける前の今の様子(画像提供:Kさん)【画像3】居間になっていた居室を片付けたらこの広さになった(画像提供:Kさん) 【画像3】居間になっていた居室を片付けたらこの広さになった(画像提供:Kさん)【画像4】ダイニングルームも大型家具のみを残せばすっきり(画像提供:Kさん)

【画像4】ダイニングルームも大型家具のみを残せばすっきり(画像提供:Kさん)

いよいよ引越し。でもまだ荷物が多い

実は家財の処分については、母は新居に持ち込んだり近所にあげたりして、捨てずに取っておきたい気持ちが強かった。引越し当日は「ご近所とのお別れタイム」を3時間設けたが、ご近所さんがそれより前から集まってくれて、一部の家財を引き取ってくれたりもした。

それでも母が「布団は捨てられない」などとこだわったので、引越し荷物は単身引越しパック3個分とかなり多くなった。とりあえず新居まで運んでしまい、到着したら新居の広さと荷物の量を両親に見てもらい、「入らない量である」と確認してもらってから、兄の家で両親に休んでもらっている間に、姉が不要なものを処分するという段取りにした。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。