ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片手操作用のiOSキーボードプリ「Word Flow」、マイクロソフトが米国でβ版

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhone 6プラスなど、大型のスマホの難点といえば、片手でキーボード操作が難しい事。

その問題を解決してくれそうなiOS用キーボードアプリをマイクロソフトが開発中だ。「Word Flow」というのがそれで、米国でベータ版を限定公開している。

・キーの配置が扇型

Word Flowは元々、Windows Phone用に開発されたキーボードアプリ。今回はこのiOS版となる。

最大の特徴は、片手で操作しやすいよう、キーが扇型に配置されていること。また、Windows Phone用と同様に、単語をスワイプして削除することもできる。

・文言予測で素早いタイピング

その他、ユーザーが入力しようとしている文言を予測して表示する機能もあり、素早いタイピングを実現する。

また、キーボードの背景をカスタマイズできるのもユニークだろう。アプリのライブラリー(無料)に入っているもの、または自身の画像を使用できる。

・米国限定、英語のみ

残念ながら、Word Flowのベータ版は米国限定で、登録者だけに公開。対応する言語も英語のみとなっている。

ただし、サイトでメールアドレスを登録すると、アプリが正式にリリースされるときには、いち早くお知らせをもらえるようだ。

Word Flow

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP