体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【後編】

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【後編】 カンドゥー

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】

では、子どもの仕事体験ができるカンドゥーで、

JAXA(宇宙航空研究開発機構)全面協力

「カンドゥー・スペースセンター」のミッションである

ロケットの打ち上げを成功させたところでした。

後編は、女の子に大人気のモデル体験からスタートです!

ということで、さあ。

モデルになってランウェイを歩いちゃいましょう!

衣装はオンワード樫山とコラボとあって期待大。

カンドゥー

ウエディングドレスやアイドルの衣装がたくさん!男の子の衣装もありました。(通常このスペースは親御さんは入れないのですが、特別にのぞかせてもらいました!)

カンドゥー

イメージ写真や実物を見て好きな衣装をスタッフと選びます。

やっぱり女の子ね、いろんなドレスに目移り。

ショーが始まる時間までの約30分間、子どもたちは着替えやポージングレッスンを行うため、親の任務はゼロ。ゆっくりお茶をしたり、いろんなアクティビティを見て次にやりたいものを探すのにちょうどいい時間です。

カンドゥー

とうとうその時が…。街のあかりが一瞬暗転。

そう、そのあかりは全てモデルたちへ注がれます。ファッションショーの始まりです。

ランウェイの両サイドに親御さんたちが座り、

我が子の登場を今か今かとカメラを構えて待ってます。

もちろん私もその一人。

カンドゥー

ノリノリの女の子とは対象に照れながらランウェイを歩く5歳前後の男の子もめちゃくちゃかわいい!彼の親とみられるご夫婦もビデオに写メにと大忙し。

カンドゥー

他人の子に目を細めているところへ我が娘登場!

普段サッカーをやっていてジャージかズボンスタイルしか見たことないので不覚にもウルっときてしまった私。

「か、かわいい・・・」

いいんです!自己満足の親バカでいいんです!

そうこうしてると次は娘2、

な、なんと

カンドゥー

反則ーーーーー!!

かわいく髪飾りもセットしてもらって照れながらバージンロード、

もといランウェイを歩く娘を見たらお父さん号泣確定。

カンドゥー
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。