ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【後編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】

では、子どもの仕事体験ができるカンドゥーで、

JAXA(宇宙航空研究開発機構)全面協力

「カンドゥー・スペースセンター」のミッションである

ロケットの打ち上げを成功させたところでした。

後編は、女の子に大人気のモデル体験からスタートです!

ということで、さあ。

モデルになってランウェイを歩いちゃいましょう!

衣装はオンワード樫山とコラボとあって期待大。

ウエディングドレスやアイドルの衣装がたくさん!男の子の衣装もありました。(通常このスペースは親御さんは入れないのですが、特別にのぞかせてもらいました!)

イメージ写真や実物を見て好きな衣装をスタッフと選びます。

やっぱり女の子ね、いろんなドレスに目移り。

ショーが始まる時間までの約30分間、子どもたちは着替えやポージングレッスンを行うため、親の任務はゼロ。ゆっくりお茶をしたり、いろんなアクティビティを見て次にやりたいものを探すのにちょうどいい時間です。

とうとうその時が…。街のあかりが一瞬暗転。

そう、そのあかりは全てモデルたちへ注がれます。ファッションショーの始まりです。

ランウェイの両サイドに親御さんたちが座り、

我が子の登場を今か今かとカメラを構えて待ってます。

もちろん私もその一人。

ノリノリの女の子とは対象に照れながらランウェイを歩く5歳前後の男の子もめちゃくちゃかわいい!彼の親とみられるご夫婦もビデオに写メにと大忙し。

他人の子に目を細めているところへ我が娘登場!

普段サッカーをやっていてジャージかズボンスタイルしか見たことないので不覚にもウルっときてしまった私。

「か、かわいい・・・」

いいんです!自己満足の親バカでいいんです!

そうこうしてると次は娘2、

な、なんと

反則ーーーーー!!

かわいく髪飾りもセットしてもらって照れながらバージンロード、

もといランウェイを歩く娘を見たらお父さん号泣確定。

ソロのあとは全員で登場し、ポージングをしてみんなで退場。

これはなかなかいい体験。

最後にお給料と、かわいいクリアファイルをゲット。(現在はきせかえシールに変更)

楽しませてもらってお給料までもらえるんだから子どもたちには最高だよなあ。

最後は、なんとZEBRAでオリジナルマッキーを作る仕事に挑戦です。

そこにいるだけで嬉しくなっちゃうかわいい空間。

「オリジナルマッキーってどういうこと!?」

お絵かき大好きな二人の期待値はマックスです。

まずは「普段から使ってるマッキーの蓋の色と中のインクの色が同じだよね」

というところからペンの仕組みを勉強し、好きな色を選んで世界に一つだけのマッキーを作るべく集中!

こんなたくさんの中から選べます。

ということは迷います。

インクの色やキャップの色を選んで組みたてたら

ペンのデザインを自分色に。

無言。夢中。

それをペンに巻きつけ…

色が出るか確認したら…

これはもちろんお持ち帰りできるので、お絵かき好きな子はマストの仕事かも!

通常は4.5時間で4~6個の仕事が体験できますが、取材時は時間の関係で3つで終了。

ちょうどいい感じにお腹がすいてきたのでご飯タイムにしましょう。

体験は「仕事」だけじゃない!食事だって作れるのがカンドゥーのいいところ

ただ食べるだけじゃつまらない!?食べ物だって作っちゃおう。

というわけでなんと「ピザ作りキット」(1000円)を購入。

インフォメーションでピザキット交換券を購入し、

自分の座席でレッツクッキング!

トッピングだけじゃなく生地を伸ばすところからできるのがいい。

丸く伸ばしても生地の性質上縮んでくるのにちょっと苦戦。

トッピングが終わったらピザのお店に持って行って、5分前後で焼き上がり~!!

他の料理もテーブルに運ばれてきて、さあいただきます!

自分が作った焼きたてピザは最高!

チーズが伸びておいしい~~~!!ワンプレートディッシュ(魚or肉)1300円、フルーツパフェ1080円、ピザキット1000円

驚いたことに、料理はどれも本格的で美味しい♪ハンバーガー(1090 円)やカレー(1300円)、アルコールも充実してるので、車じゃなければお酒を飲みながら親もレジャー気分が味わえる。

「子どもに付き合う」じゃなく「親も楽しめる」ところが気に入りました。

お仕事して得た「カッチン」の使い道もいろいろ!

入場時にもらえた10000カッチン、

3つのお仕事をしたので16000カッチン×3回、

我らの財産、一人当たり58000カッチン

この使い道は大きく3通り。

・カッチンが使える「カッチンショップ」でモノを買ってもよし!

・マジックショー(1000カッチン)やボディペイント(5000カッチン)など、体験を買うのでもよし!

・また来る予定があれば、専用の銀行に貯金しておくもよし!

どれを選ぶかも個性が出ておもしろそう。

我が家はまた来る!ということで使わずに貯めることにしました。

親子三世代で楽しめるのがカンドゥーの魅力

場内でちらほら目立ったのが、三世代で遊びに来ていたファミリー。ステージでダンスする孫を席から見守るおばあちゃん

座席があらかじめ確保されていることで荷物を置いて身軽になれるし、

疲れた時にすぐに休めることは、年齢問わずとても助かりますよね。

フラットなワンフロアという面も、体力のないおじいちゃんおばあちゃんには嬉しいはず。

また、仕事体験する子どもと親の距離が近いこともカンドゥーならでは。パパママは、カンドゥーの街を子どもに案内してもらって満足気

子どもが店員で親がお客様…なんて体験があったり、人数に余裕があれば親も一緒に体験できるので、お互い安心ですよね。(一部の体験を除く)

まとめ

さて、カンドゥーの魅力をたっぷりとご紹介しましたが、そろそろ読者のみなさんもカンドゥーに行きたくてうずうずしているころだと思います。

ここで、カンドゥーに関する基本情報改めてご紹介しておきますね。

①入場予約

カンドゥーに入場するためには、事前にweb予約をしましょう。

急に行って入れる場合もありますが、時間が中途半端になるともったいない!事前の予約がおすすめです。

➜Web予約はこちら

この予約が完了した時点で、席も確保される仕組み。

②時間帯と料金

ハイシーズン、ローシーズンによって、入場のタイミングや料金が異なるので注意しましょう。料金には500円分の食事用金券がいるので忘れずに活用しましょう。また、55歳以上のシニアはシーズン問わず1000円(食事用金券500円分含む)とお得。

ちなみに、食事用金券はレストラン以外にも、プロのカメラマンが撮影してくれた写真や、出口にあるカンドゥーショップでも使用可能です。

※料金の詳細は文末に記載

③便利な立地

カンドゥーは1部あたり4.5時間なので、1日中体験できるわけではありません。そんな時役立つのがイオンモール幕張新都心という立地!カンドゥーと組み合わせて一日の計画を立てれば充実すること間違いなし。極めつけは6時間まで無料な駐車料金。これはありがたい…!!

いかがでしたでしょうか?

「こんな仕事があるんだ!」「体験してみたらすごく面白かった!」と子ども達が新しい扉を開ける良いきっかけになること間違い無し!

仕事体験の機材や制服は、実際に現場で使われているものが多いのでリアリティも

あり、大人も満足度が高いと思います。

何よりワンフロアで、座席が確保されるので(しつこいけど本当に嬉しい)

親がレジャー疲れでヘトヘト…っていうのが無く楽しめるのがいい!

謝恩会や誕生日会プランもあるのでいろんな楽しみ方ができそうですよ。

なにはともあれ一度足を運んでみてください!

仕事体験を終えて、娘1、娘2の感想はこちら!

Kandu(カンドゥー)

TEL/057-085-117

住所/千葉県千葉市美浜区豊砂1-5イオンモール幕張新都心ファミリーモール3F

料金/〈ハイシーズン〉土日祝日、春、夏、冬休み、およびカンドゥーが定める日

第1部(10時~14時30分)

第2部(15時30分~20時)

3歳~15歳:3900円(食事用金券500円含む)

16歳以上:2500円(食事用金券500円含む)

55歳以上:1000円(食事用金券500円含む)

〈ローシーズン〉ハイシーズン以外の日

第1部(10時~14時30分)

第2部(15時30分~20時)

3歳~15歳:3200円(食事用金券500円含む)

16歳以上:2500円(食事用金券500円含む)

55歳以上:1000円(食事用金券500円含む)

*平日でもハイシーズン料金・営業時間が適用される場合があります。

*入場料・営業時間は、予告なく変更することがあります。

〈シニア料金について〉

シニアチケットを Web でご購入される方は、一旦大人料金でご購入いただく必要があります。入場当日、エントランスにてQRコード (二次元バーコード) が入ったチケット購入確認メールと年齢を証明できる公的書類などをご提示ください。差額分をご返金させていただきます。

駐車場/7300台(イオンモール幕張新都心、6時間まで無料)

「カンドゥー」の詳細はこちら

「カンドゥー」料金の詳細はこちら

※仕事体験の内容は、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

この記事は、2016年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】
旅先でしか出会えない絶景!子連れにおすすめな関東の大自然観光スポット11選【花畑・絶景編】
じゃらんnetユーザーが選んだ人気温泉地ランキング【関東・甲信越編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP