ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レアすぎる!100時間調理した“牛カツカレー”の旨さに撃沈

DATE:
  • ガジェット通信を≫

厳選牛と野菜、果物の旨味を100時間かけて溶け込ませた本格欧風カレー専門店【100時間カレーB&R】で、大人気メニューの【牛カツカレー】の試食会が武蔵小山店で開催された。

 

2014年には、300店舗以上が軒を連ねるカレーの聖地“神田”で開催されている『第5回神田カレーグランプリ』において去最大の大差(1位2804票、2位1701票、3位1676票)で堂々グランプリに輝いたこともある【100時間カレーB&R】。

 

100時間カレーとは、もうネーミングからして美味しそうだが、今回、試食会で振る舞われた【牛カツカレー】は、一年ほど前に東高円寺店に初登場し、その、あまりの美味しさに大反響!この度、万を持して全店舗での販売となった。(一部店舗では先行販売されている)dancyu(ダンチュウ) 2013-05-08
Fujisan.co.jpより

特徴的なのは、なんといっても牛肉!

 

他のカレー店で出されるものは、大抵、良く焼かれた“ミディアム”な牛カツだが【100時間カレーB&R】は衣がついているのにレアのまま!生でも食べられる上質な牛肉を用意している。これが柔らかくてジューシィ。これがカレーで食べられとは!

わさびがカレーのアクセントに!

その牛カツにと一緒に、お皿の上には見慣れないものが……そう、わさび。肉にもあうのはもちろんだが、わさびがカレーに合うのだ!ちなみに【牛カツカレー】を最初に出した東高円寺店では『本わさびカレー』なるものもあるという。

 

【牛カツカレー】は店舗のみの販売となり、残念ながらテクアウトは出来ない。また、素材の希少さから一日10食前後しか提供できないなど、限定的なメニューではあるが、今後、より多くの皆様に食べてもらえるように努力してゆきたいとしている。

B&Rさんのルーは、一皿に約一個分の玉ねぎが溶け込んでおり、優しい甘さを感じることができる。他にもニンジンやセロリ・トマト・バナナやリンゴ・マンゴー・パパイヤなどの野菜や果物を惜しみなく使い、独自のスパイスは20種類以上を使用している。

 

どちらかというとシチューのようなデミグラス系の旨味も感じられ、口当たりのいいスパイスが濃厚かつまろやかで、カレールーだけでも食べられてしまう。辛みが足らない方には、香辛料、スパイスを効かした辛口の味に仕上げることもできる。

店舗によっては半数が女性客。シニア層にも人気

その優しい味は年配の方にもうける。【100時間カレーB&R】のカレーは女性に人気だ。店舗によっては50%が女性客のところもあるという。

 

アボカドをのせた『アボカドチーズカレー』やサクサク衣の『チキンカツカレー』が得に人気。春季限定の、桜えびと春キャベツをメインとしたカレーなど女性が思わず注文したくなるメニューが目白押しだ。チキンとアボカドをWで乗せるスペシャルカレーや拘った野菜などのトッピングも支持されているそうだ。

 

アボカドとカレー相性良すぎて癖になります

デリバリーし続けて200万円!超常連さんも

【100時間カレーB&R】のカレーは、デリバリーすると2000円~と、少々お値段が高めになる。それでも、その味に惚れ込んで頼み続けて下さるお客様もいるという。その回数、なんと一年で100回だそうだ。

 

「3日に一回ぐらいのペースでご注文されて。あんまり頼んで下さるので、つい回数を数えまして…。97回目くらいには100回まであと3回!とソワソワ。ついに100回目!という日は感動してしまいました。」

 

注文が4日間くらい空くと、具合でも悪くなったのではないかとスタッフ達で心配するそうだ。まるで家族のようだが、そういった常連のお客様にむけて、6月6日に1000円でトッピングし放題の日を企画しているそうだ。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP