ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私、生まれたての子鹿!?出産翌日の激しい筋肉痛を経て妊婦さんにお伝えしたいこと by ぴの字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんこんにちは、ぴの字です。今日は出産翌日のお話です。(安産のような難産だった出産エピソードはこちら)

興奮も冷めやらぬ出産の翌朝、いろんな機材やら点滴やらにつながれていたコードも外されてようやく自由になって、いざトイレに行こうと思い身体を動かして気付く。

猛烈な筋肉痛。

ええーーーなにこれ~~~~生まれたての子鹿のよう!!

足がプルプルプルプルしてまっすぐ立てない!!!

それもそのはず、妊娠初期はツワリ、中期後期は張りと切迫早産ぎみってことでこの10ヶ月、ずーーーーっと安静生活を続けていたわけです。

急に筋肉を使えばそりゃ筋肉痛にもなるよね!!!!マラソン翌日のようでした。

しかも筋力で押し出せなくて吸引と一緒に、腹を押して押し出してもらいましたからね。

ここで一句

というわけで、おそらく出産までのいろんな教室で筋トレというかマタニティヨガやら運動系のお話があるとおもうのですが、動ける人は安定期にはそれなりに動いておいたほうがいいよ!!!

それでは一応私が習った筋トレをこちらで紹介しておきましょう。

おしっこをするとき、出したり止めたりする。

以上!終わり!簡単でしょう。

産道と尿道はなんか筋肉が連動してるだかだそうで(うろ覚え)これだけでも結構いい感じで筋肉がつくそうです。

これ、産後の尿漏れ防止にもなるそうなので気が向いた時にやってみてくださいね!

著者:ぴの字(猫田 ぴの字)

年齢:36歳

子どもの年齢:4歳

北海道出身、現在南国マレーシアで育児奮闘中の主婦漫画家。なんとかまったりやってます。海外での子育ては、右も左もわからないぜ!

ブログ:ぴのにっき(・|・)漫画絵日記

書籍:マレーシアで子育てしてます。 ~ぴのにっき~

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ぴの字さん の

過去記事はこちら

過去の記事 はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

母性本能と一緒にあふれてきた?!なぜか涙が止まらなかった産後の入院生活
安産のために中期から体重管理に気をつけました。
切迫早産とその後の妊婦生活

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP