ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長崎県にある「変なホテル」がホントにヘン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。

ここは長崎県佐世保市にある「変なホテル」。世界初のロボットホテルである。

ワクワクと心地よさを追求!

先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追求したこのホテルには、驚きの仕掛けがたくさん。まずは、

3体のロボットが出迎え!

多言語対応のロボットたちが、チェックイン・チェックアウトの手続きを行う。さらに、

ロボットクロークが
荷物を預かり…

宿泊者専用の有料ロッカー。カウンターの「荷物搬入口」に入れれば、ロボットアームが自動で収納してくれる。

客室への移動は
ポーターロボットと共に!

客室までの荷物の移動を、ポーターロボットが手伝う。

最新の顔認証システムによる
「キーレス滞在」


客室前で顔認証をすれば、その後はまさに“顔パス”感覚。鍵の持ち運びのわずらわしさ、紛失の不安から解放されることに。

「変なホテル」はハウステンボスに隣接。「変」には「変化し続ける」という意志が込められており、常識を超えた先にある「感動と快適性」を目指しているらしい。

どこか温かみを感じるロボットたちとの楽しいひととき。かつてない、まったく新しい世界への入り口はこちら

Licensed material used with permission by ハウステンボス株式会社

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP