ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三代目・今市、アフロジャックと対談「最高な時間」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜深夜の番組「SPARK」(木曜日ナビゲーター:今市隆二)。4月21日のオンエアでは冒頭で、アニメ「おそ松さん」にハマっているという話を披露。薦められて1話見たらハマってしまい全話見てしまったそうです。「基本的に本当にくだらない話なんですけど、たまに『神回』というか、めちゃくちゃ感動する回があって、見れば見るほど深みにハマって……本当にハマっちゃいましたね」(今市)とのこと。

そして今回は、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Summer Madness」を手がけたアフロジャックさんがゲストに登場。世界的なDJ、音楽プロデューサー、リミキサーであり、ピットブル、ビヨンセなどのプロデュースをはじめマドンナの楽曲のリミックスワークでグラミー賞を獲得している彼に、今市がさまざまな質問をぶつけました。

まず名前の由来を聞いてみると、「若い時に髪の毛がアフロヘアーで、ニックネームがアフロだった。『ジャック』はハウスミュージックの裏ネームで、ジャッキングミュージックとか言うこともあるので『アフロジャック』と付けました。その時にレーベルの人も『いいじゃんいいじゃん』と喜んでくれたので、そのまま使うことにしました」(アフロジャックさん)とのこと。そして「その前は本名のニックでやっていた」と続けると、「これ知ってる人は少ないのでは?」と今市。

続いて、日本によく来ているけど日本は好き? と尋ねると「日本の文化がとても好きです。人がみんな尊敬し合って日々生活している、リスペクトが一番好きなところだと思います。日本食も好き」(アフロジャックさん)と回答。それを聞いた今市は「LDHは先輩ありきの事務所なので、リスペクトなところを共感持ってくれて三代目の曲をプロデュースしてくれたのですごく嬉しいです」と、回答に共感しながら感謝を伝えました。

さらに、プロデュースをしている時に一番大事にしていることを聞くと「どんな曲であれアーティストの方にとって、ミュージックキャリアを次のレベルに押し上げてくれるような曲をプロデュースすることを大切にしている。例えば『Summer Madness』の時も、J-POPでは音サビ(サビで歌わないもの)がメインであるようなEDMスタイルの楽曲がなかなか無くて難しいと聞いていたが、バリアをぶち壊せたので、境や壁は気にせず、どんどん次のレベルへ、と思っている。LDHとは相性がいいなと思っている」と熱い回答が。

今市も「J-POPって、AメロBメロがあってサビがあるっていう流れが一般的だけど、『Summer Madness』『R.Y.U.S.E.I.』などで音サビというものが日本の文化に少しずつ定着してきたので本当にそこは感謝ですね………Thank you!」と気持ちを伝えました。

アフロジャックさんが帰った後、今市は「最高な時間でした、また遊びに来てください、待ってます!」と、改めて敬意を表しました。

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP