ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柏木陽介選手 人生を変えた3つの言葉とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜の番組「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。4月22日のオンエアでは、先週に引き続き、浦和レッズ所属、サッカー日本代表の柏木陽介選手にGAKU-MCがインタビューをしました。

まず、GAKU-MCにハリル監督の人柄を聞かれた柏木選手。

「本当に人間味があって、すごく温かみがある人なんですけど、その中にも厳しさがあります。あと、1日に基本2回くらいミーティングがあるんです。しかも1回1時間くらい。代表って夕方から練習なんですけど、拘束時間が長いので自由な時間がほとんどない。ほんと代表って監禁に近い(笑)」(柏木選手)

日本代表での目標を聞かれると、「僕はレギュラーをとるっていうのが個人的な目標ではあるんですけど、そんな目標だけじゃ足りないと思うんで、代表が『ベスト●』と付くような結果を残すことが一番だと思っています。そこに自分がピッチに立っている、その姿を想像して常に日々頑張っているところです」と意気込みました。

そんな柏木選手ですが、人生の転機になった指導者からの3つの言葉があるそうです。

まず最初の転機は小学校から中学校に上がる時。ヴィッセル神戸のジュニアユースから声がかかった柏木選手でしたが、小学校の監督には「いや、お前は普通の中学校でやれ」と言われたそう。「その言葉を信じたから、逆に上手くいったのかなと。もしも、ヴィッセルに行っていたらヴィッセル色に染まって、自分が出せないまま終わってしまっていたかもしれない」(柏木選手)。

次の転機は、プロ1年目、全く試合に絡めなかった時のこと。当時のコーチだった沢田謙太郎さんに「お前一番ヘタやと思うで。今一番下なんやから、こっから上がっていくだけやろ。そういう気持ちを持ってやっていこう」と言われたのが第二の転機だったそう。

そして最後は、柏木選手が浦和レッズに来た頃。当時、プライベートを楽しむことに比重を置きながらサッカーをしてフラフラしていた柏木選手でしたが、サンフレッチェ広島時代の恩師、“ゴリさん”こと森山佳郎さんに「お前、こんなことしてる場合じゃないぞ。もう日本代表の方を中心にやってかなあかん選手が、なにこんなことしてるんだ」と言われて我に返ったときだったそうです。

「この指導者たちの3つの言葉が、自分のサッカー人生を変えてくれたというか、良い方向に導いてくれたと思います」(柏木選手)

浦和レッズとしても、日本代表としても期待の柏木選手。4月24日には、勝ち点差1で追っている現在トップの川崎フロンターレとの試合を控えており、その活躍に注目です。さあ、来週はどんな方の言葉が聴けるのでしょうか。どうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「WORDS FROM THE FIELD」(オフィシャルサイト)
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/words-from-the-field/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP