ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨の湿気がメイクに生かせる?!艶肌ベースメイクの作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅雨の湿気がキレイなメイクに利用できる?!

春が終われば、夏が来る前に梅雨がやってきますね。
雨でジメジメ・・・ベタベタ・・・
「メイクが崩れる」「どうせ落ちてしまいそうでメイクをする気になれない・・・」
そんな方が多いのではないでしょうか?
でも、大丈夫!
実は、梅雨は今流行りの艶肌ベースメイクの強い味方なんです!
逆に梅雨の湿気を利用してツヤツヤのお肌を目指しましょう!!

 

梅雨に負けないメイク術4つのポイント

【ポイント①:乾燥に注意】
実は、ベースメイクが崩れる一番の大敵は「乾燥」です。
梅雨の時期にありがちなのが、自宅やオフィスで除湿をしていること。
逆に空気が乾燥してしまい、お肌がカピカピに・・・なんてことになると大変!
もしくは乾燥し過ぎると、自分でお肌を潤そうとするあまり、皮脂が出てきてしまいます。
室内で除湿している時は、お肌にはミストをかけてあげたり、少し濡れたスポンジでお化粧直しをしたりすると良いですね。
【ポイント②:パウダーの塗り過ぎに注意】
ベタベタするからといって、パウダーを塗りたくらない!
梅雨の時にしてしまいがちなのは、ベタベタするからといって、お粉やパウダリーファンデを塗り過ぎてしまうことです。
あまりにベタベタし過ぎていると、もちろんずるっと化粧がとれてしまいますが、お化粧をし終わったあと、手のひらで頬を触ってみてください。
その時に、しっとりしていることが重要です。
手触りがサラサラしていると乾燥していますのでNG!
【ポイント③:注意すべきパーツ3つ】
お顔のパーツに合わせて、おさえるところはおさえる!
お肌はそんな感じでしっとりさせておきますが、しっとりしているとダメな所が数箇所あります。
それは、眉・目の下・鼻の下あたりです。
眉はしっとりしていると、描きにくい&落ちやすいです。
目の下もしっとりしていると、すぐにパンダ目になってしまいます(ただし、サラサラにしすぎると小ジワの原因にもなるので適度に)。
鼻の下も比較的水分が多い場所です。乾燥してカピカピになっている方はサラサラにする必要はありません。
このように、ベースメイクはしっとりさせるところと、おさえておくところと、メリハリをつけてメイクするようにすれば上級者になれます♪

 

使うファンデーションにも注意すべきポイントがあった!

【ポイント④:ファンデ選び】
年間通して使えるのがリキッドファンデーション。それは梅雨の時期でも同じです。
梅雨の時期はベタつくからといってパウダリーファンデーションに変える方もおられますが、それは上記に述べたような理由で、乾燥しすぎるのでNGです。
お化粧をする前に、化粧水だけにして乳液は塗らないなど、スキンケアを手抜きするのもNG。
油分多めのスキンケアは化粧崩れの原因になりますが、お顔がしっとりするぐらいお肌に十分に水分を与えてからお化粧をしてください。
ただし、スキンケアがお肌になじむ前にベースメイクをスタートするのはNG!
ちゃんとスキンケアがお肌になじんでからメイクを始めてくださいね!
これで、いつやってきても怖くない梅雨!
続く雨のせいで気分は憂鬱になりがちですが、そんな時こそメイクを楽しんで、気分を晴らしましょう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP