ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソムリエいらず!?「ワインの適温」を教えてくれるスマート温度計

DATE:
  • ガジェット通信を≫


同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽しめますよ。

「温度管理」が
とっても大切な飲み物

ワインは熱や光、振動に弱い繊細なアルコール。特に温度管理は大切で、高すぎたり、低すぎたりするとフルーティーさがなくなってしまったり、渋く感じたりしてしまいます。

ソムリエがベストなタイミングでサーブしてくれるのは、銘柄、ブドウの品種ごとに「適温」を把握しているから。

素人では大変。しかし…

主な品種でも、おいしい温度にこれだけの開きがあります。

でも、心配いりません。100種類以上の推奨温度が判断できる「ケルビン」は、ソムリエと同じ働きをしてくれるアイテムなんです。

着けて、選ぶだけ。

使い方は簡単。ワインボトルに装着、スイッチオン。

ワインの種類を選んでタップ。適温や産地の情報が出るので、選択してYESボタン。Bluetoothと接続します。

スマートフォンに赤の表示が出た場合は、温度が高いので冷蔵庫へ。

青は温度が低すぎるので、室温で置いておきましょう。

あとはアプリが教えてくれます。

ちなみに適温は緑。かんぱーい!

現在もっともおトクなプランは、4,200円で本体と充電器がついてくるもの。お届けは2016年10月を予定しています。

おうちデートやパーティで大活躍しそう!ワインに凝り始めた人へのプレゼントにもいいですね♪気になった方はこちらから詳細をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Makuake

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP