ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneが一眼レフに!?ブレを抑え、露出補正やズームもできる「PICTAR」は片手で撮影可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真撮影は専らiPhoneで、という人のためのアクセサリーがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

iPhoneを差し込んで使うグリップ「PICTAR」。ズームやシャッターなどのボタンが付いていて、コンパクトカメラのように安定した片手撮影を可能にする。

・iPhoneを差し込むだけ

iPhoneの カメラ性能はなかなかのものだが、片手で端末を支え、もう片方の手でピンチしたりシャッターボタンを押したりするとどうしてもブレやすい。

そうした問題を解決するのがPICTAR。クラシックカメラ風な外観で、iPhoneをスライド式に差し込むと右手部分にシャッターなどの操作ボタンがくるようになっている。

PICTARは右手でしっかりホールドできるだけの厚みがあり、これにより片手撮影も安定するので、ブレを抑えられる。

・一眼レフ並みの撮影

また、PICTARでは専用のカメラアプリを使うが、ネイティブアプリより高度でマニュアル的な撮影を可能にする。例えば、シャッターの半押しや露出補正が可能となる。

また、シャッターボタン近くにはズームを操作できるダイヤルもあり、このダイヤルではホワイトバランスやフラッシュ、セルフィー撮影などをプログラムすることもできる。

つまり、被写体やその場の状況、ニーズに合わせて調整できるので、一眼レフのような写真撮影となる。

・各種撮影モードも

カメラにあまり詳しくないという人でも、オート、ポートレイト、風景、スポーツといった各種モードが用意されているので心配は無用だ。

三脚やフラッシュの外付けにも対応し、ストラップも付いているこのグリップ、Kickstarterでは現在、90ドル(約9900円)の出資でゲットできる。

iPhoneフォトグラファーの方はいかが?出資期限は5月27日。

PICTAR/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP