ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大エース145キロ左腕「十分プロで通用する」と谷沢健一氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月18日、東京六大学春季リーグで東大が12年ぶりに明大をサヨナラ勝ちで破り、大きな話題を呼んだ。振り返れば4月9日の開幕戦で、東大は早大に敗れて黒星スタートとなったが、いつもなら「今季もダメか」と諦めムードが漂うところでも、なぜか東大側の応援席は元気いっぱいだった。

「3年生のエース、宮台康平投手の存在が非常に大きい。初戦は不運なヒットで9回2死からサヨナラ負けしたものの、それまで早大打線を0点に抑え、東大では戦後最多となる13三振を奪いました。記録更新は実に70年ぶりです。だから今の東大には“今季はいける”という雰囲気が漲っている」(アマ野球担当記者)

 宮台投手は神奈川県屈指の進学校である県立湘南高校出身で、高校3年の春には強豪校揃いの神奈川県大会でチームをベスト8に導いた。2014年春に東大に現役合格し、1年生の秋から六大学野球のマウンドに上がった。

「1年秋に痛めた肩の影響もあり、スタミナ不足が課題で、昨年は6回、100球前後で交代させるなど気を遣いながらの登板だった。昨年秋には右足裏を疲労骨折して戦線を離脱。しかし完治後はキャンプにも参加せず、都内で徹底的に走り込んだ。今では肩も完治し、走り込みの成果でスタミナ不足もかなり克服している」(前出・記者)

 東大に負けると大騒ぎされ、この上ない「不名誉」を喫することになる他チームは、宮台投手に戦々恐々としているという。

「他大学は宮台が投げる試合にはエース級をぶつけるようにしているが、エースが投げても今季は負けてしまうかもしれない」(六大学野球関係者)

 宮台投手の魅力は、左腕から繰り出す145キロの速球に加え、緩急をつけた頭脳的なピッチングができることで、プロのスカウトも注目しているという。2010年から東大の特別コーチを務めている元中日の谷沢健一氏の話。

「宮台は入学当初から本格的ないいピッチャーだった。東大生は講義優先で、練習不足からスタミナ不足になるのは仕方がないが、それでも宮台は着実にスタミナをつけて、120球は投げられるようになった。今季は期待できると思う。もともと素質は十分。左腕という強みもあるし、十分プロで通用すると思う。実際、スカウトにも高く評価されていますよ」

 昨年春、リーグワーストの連敗記録94のストップに貢献したのも宮台投手だった。18年続く最下位からの脱出も夢ではない!?

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
幸福の科学学園“東大プロジェクト”で合格者数に注目集まる
東大野球部の好勝負連発支える2人の投手と谷沢健一氏の指導
ヤクルト中継ぎ徳山武陽 封印の両打ち解禁で先発ローテ狙う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP