体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平常時でも役立つ 鍋やフリーザーバッグを使っての「サバイバル炊飯」

平常時でも役立つ 鍋やフリーザーバッグを使っての「サバイバル炊飯」

熊本地震をきかっけに、「サバイバル炊飯」が注目されています。

急に起こる災害。発生したら状況にあわせて、その時ある調理器具と食材を使い調理しなければなりません。そこで今回は、ネットで話題になっているサバイバル炊飯の一つフリーザーバッグを使った炊飯と、これまで紹介した時短レシピを応用した麺類を少ないガス量でゆでる方法をご紹介。

【関連:まるで生パスタ?ネットで話題の「水漬けパスタ」に挑戦してみた】

被災時に役立つ炊飯知識

■ネットで話題のフリーザーバッグ炊飯

【材料】
・フリーザーバッグ:1袋
・水:0.5合
・米:0.5合 ※無洗米なら尚可。

お米とフリーザーバッグ

【やりかた】
1:お米と水を1対1の割合で袋に入れる。入れたらきちんと空気を抜く。なお、この方法は1合ぐらいまで。以上炊く場合には袋をわけるなどしてください。

お米と水を入れた

2:大きめの鍋に袋が7割浸る程度水を入れ沸騰させる。
この時使う水は、飲用水じゃなくても可能。海水、川水などあるものが使えます。飲用水以外を使用する場合には、袋を取り上げたあと外側を綺麗にふいて衛生面に注意してください。

沸騰したお湯にいれる

3:沸騰したら中火にして蓋をしないままお米の入ったフリーザーバッグを入れて15分。この時フリーザーバッグが水のひたっていない鍋側面に触れないよう見守る事が重要。触れたら溶けます。なお、ゆで水に海水を使う場合には沸点が異なるため様子をみながら時間を調整してください。

4:15分たったら火を止めて、そのまま10分置いて蒸らす。とりあげて蒸らしても可。

5:蒸らせば完成です!ただしこの方法は少しお米がゆるく炊きあがりがちなのが難点。お米の質により入れる水の量を若干減らすなど調整してください。

ちょっとゆるくなるのが難点

【豆知識:計量カップを使わずお米を計る方法】
計量カップがない状況も想定されると思います。その時、女性の手の場合だとひとつかみで約1/4合。2つかみで1/2合。4つかみで1合となります。
男性ですと“軽く”ひとつかみで約1/4合です。
人により手のサイズが違いますので、できれば自分の手で1つかみ何合分か普段量っておく事をお勧めします!

ひとつかみで約1/4合
1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。